多額の資金提供によってトロ・ロッソとの提携を得たのではない、とホンダF1。買収の可能性も否定copyright HONDA

多額の資金提供によってトロ・ロッソとの提携を得たのではない、とホンダF1。買収の可能性も否定

  • 公開日時:

ホンダF1の山本雅司モータースポーツ部長は、トロ・ロッソとの関係を築き維持するために莫大な予算を注ぎ込んではいないしそのつもりもないと語り、資金提供によってエンジン供給契約を得たのではないと主張した

サマーブレイク期間の8月半ば、一部報道機関がホンダとトロ・ロッソとの交渉は金銭的理由で合意に至らなかったと報じたが、山本はこれを否定、「事実ではない完全な嘘」と憤りを露わにしていた。

トロ・ロッソのチーム代表を務めるフランツ・トストと共にF1シンガポールGPの金曜記者会見に出席した山本は、「ホンダがマクラーレンに金銭面で多大なサポートをしていた事はよく知られています。トロ・ロッソとの新しい契約においてはこの予算はどのように使われますか」との記者からの質問に対して以下のように答えた。

「おそらくあなたはインターネットでたくさんのニュースを読んだのだと思います。ここでハッキリさせておきたいのは、トロ・ロッソ及びトスト氏との関係は非常に友好的でありイーブンなものだという事です。したがって、私たちとしては、トロ・ロッソとの関係を維持構築するために大きな予算を投じる計画は立てていませんし、また考えてもいません」

一説では、ホンダはマクラーレンに対して年間100億円を超える資金を提供していたとされる。資金面に関しては、ホンダがトロ・ロッソを買収するのではとの憶測も流れていたが、山本はそのような議論はないと語り一蹴した。

「そのことに関しては私もニュースで目にしました。買収については社内で議論したことはなく、将来的にもそのような話が挙がることはないでしょう。トロ・ロッソとの関係は極めて良好であり、我々の理想と目標は、双方の強みを併せ持つことで素晴らしいパフォーマンスを発揮する事にあります。つまりフィフティー・フィフティーの関係だという事です」

F1シンガポールGP特集