カーメイトの副社長執行役員 徳田 勝とアドバイザーの松田 次生

松田次生、車用品を手掛けるカーメイトのアドバイザーに就任…製品開発と販促に協力

  • 最終更新:

レーシングドライバーの松田次生氏が、車用品の製造・販売を手掛ける株式会社カーメイトとアドバイザー契約を締結した。2019年4月1日から2020年3月31日の1年間に渡って、同社の製品開発と販促に協力する。

カーメイトは、ドライブレコーダーとアクションカメラの一台二役を兼ねる360度対応の「d’Action 360」を中心に、ライティングの「GIGA」や車内装備、ケミカル等を提供。製品の使用感や走行試験での意見・アイデアなどのフィードバックを得て、製品開発に生かしていく。

「この度、カーメイトさんとアドバイザー契約を結んでいただける事になり、喜びと共にとても楽しみにしています」と松田次生氏。「同社からは現在画期的な商品が開発されていますが、主として360度ドライブアクションレコーダー『ダクション 360 S』を使って、車走行の楽しさをお伝え出来ればと思います」

契約は4月1日に交わされ、『ダクション 360 S』『GIGA LED』等の製品説明と授与が行われた。

フォーミュラ・ニッポンとスーパーGT GT500クラスのシリーズチャンピオンである松田次生は、レース参戦の傍ら、一般道に潜む危険を伝えるべく講演等で啓蒙活動を行ったり、フジテレビF1の解説者を務めるなど、幅広い領域で活動を続けている。