チャンピオン獲得を決めてシャンパンファイトに興じるマルク・マルケス、2019 FIMロードレース世界選手権権シリーズ 第15戦タイGPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

マルク・マルケス、MotoGP最高峰クラスで4年連続 6回目のチャンピオンを獲得「ホンダと仲間たちのおかげ」

  • 最終更新:

レプソル・ホンダのマルク・マルケスが、10月6日に行われた第15戦タイGPのファイナルラップでファビオ・クアッタハッホ(ペトロナス・ヤマハSRT)を交わして逆転優勝を果たし、FIMロードレース世界選手権MotoGP最高峰クラスで4年連続、通算6回目のチャンピオンを獲得した。

マルク・マルケスは、Moto3、Moto2でのチャンピオン獲得を得て、2013年にレプソル・ホンダからMotoGPクラスに参戦。RC213Vを駆り、史上最年少チャンピオンに輝いた。翌2014年には、開幕10連勝を含む年間13勝を挙げて2年連続で選手権を制覇。2015年はタイトルを逃したものの、2016年から4年連続で最高峰クラスを制した。

2019年FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスのチャンピオンに輝いたマルク・マルケスとレプソル・ホンダのメンバー達
© Getty Images / Red Bull Content Pool

マルケスは今季開幕戦で2位を獲得。第2戦で優勝し、4連覇に向け順調なスタートを切った。第3戦アメリカズGPでは転倒により表彰台を逃したものの、その後は優勝8回、2位4回と、すべてのレースで2位フィニッシュ以上を達成し表彰台に登壇。キャリア最高レベルに安定した戦績を収め、全19戦で争われるMotoGPクラスにおいて、残り4戦を残してシリーズチャンピオン獲得を決定した。

なおタイGPでの優勝を以てマルケスは、MotoGPクラスでの通算成績をポールポジション61回(史上1位)、通算53勝(史上4位)とした。

「今年もHondaとともに世界チャンピオンになることができて光栄に思う」とマルク・マルケス「2019年は僕自身にとって、最も一定したパフォーマンスを残せた一年だった。必要な時に踏ん張ってこのレベルで戦えたのは、Honda、そしてチームの素晴らしい仕事のおかげだ。世界選手権参戦60周年を迎えたHondaのために、MotoGPタイトルを獲得できたことを誇りに思う。関係者並びに、ずっと支えてくれたファンに感謝している」

株式会社ホンダ・レーシングの代表取締役社長を務める野村欣滋氏は、60周年の節目の年にタイトルを獲得してくれたマルク・マルケスに感謝の意を伝えると共に「ファンの期待に応える果敢なライディング、それを支える不断のトレーニング、彼のレースに取組む姿勢、全てに心から敬意を表します。チャンピオン獲得にあたって、最大限の努力をしてくれたチームスタッフ、そしてレース活動を支えてくれた多くのスポンサーと、世界中のMotoGPファンに感謝いたします」と語った。