トヨタガズーレーシングのフェルナンド・アロンソ、2018年ルマン24時間レース予選1にてcopyright Toyota Motorsport GmbH

ルマン24:予選1でトヨタが暫定フロントロー獲得、アロンソは個人総合9番手タイム「学んでいる最中」

  • 最終更新:

6月13日水曜日、第86回ル・マン24時間レースの公式練習と予選1回目が行われ、トヨタ・ガズーレーシングTS050 HYBRID 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ)が暫定ポールポジションを獲得、2番手に7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)が続き、トヨタが盤石の仕上がりを見せつけた。

2018年ルマン24時間レースの初日、4時間のフリープラクティスと2時間に渡る1回目の公式予選が行われた。予選は現地午後10時からの夜間走行。1周13.626kmのサルト・サーキットにコースインした全60台は、ラップタイムの追求のみならず、決勝レースに向けての準備を進めるべく貴重な周回を重ねた。ル・マンの予選は2日間計4時間に渡って行われるが、2日目の14日は雨の予報となっており、全車全開でのタイムアタック合戦を繰り広げた。

予選1日目の最速タイムは中嶋一貴。3分17秒270を記録し8号車が最速。2番手は7号車小林可夢偉、一貴から遅れることコンマ1秒の3分17秒377をマークした。暫定フロントローのトヨタに続いたのはLMP1クラスの17号車SMPレーシング。ステファン・サラザンがトップから約2秒遅れの3分19秒483を記録し3番手につけた。

TS050 HYBRID 8号車のガレージ、2018年ルマン24時間レース
© Toyota Motorsport GmbH

この日のファステストを記録した一貴は、まだ週末は始まったばかりだとして気を引き締める。「暫定ポールが取れたのは良かったですが、まだまだ長い週末は始まったばかりです。予選では多くのトラフィックがあり完璧とは言えませんでしたが、それでも良いラップタイムが刻めたのは良かったです。でもレースに向けてはまだまだやるべき事がたくさんあります。しっかり準備をしたいと思います」

トヨタガズーレーシングの中嶋一貴、2018年ルマン24時間レース予選1にて
© Toyota Motorsport GmbH

2番手タイムの可夢偉も一貴の意見に同意。コース上での混雑に苦労したと述べる。「今日一日、とても上手くいったと思います。毎度のことですが、コース上に車両が多く思うようにタイムを出すのが難しい状況でした。出来るだけ多く走り、車両とタイヤのセットアップを進めることが重要です。初日としてはまずまずでしたが、今日のデータを確認しながら決勝レースに向けて更に車両を仕上げなければなりません」

トリプルクラウンを目指す8号車のフェルナンド・アロンソは、ドライバー別で総合9番手となる3分20秒991を記録。夢の実現に向けてまた一つ階段を上がった形だが、トヨタはルマンでの目標はあくまでも1-2フィニッシュ、両方の車を公平に扱うとしており、アロンソを優遇する事はないと明確にしている。

「プラクティスでは多くのセットアップを試し確認した」とアロンソ「その後の予選では、夜間での走行に慣れる事に集中して取り組んだ。上手く行ったと思う。チームメイトの走りを参考にしながら、明日も引き続きル・マン独特のドライブを学ぶつもりだ。決勝は本当に長い戦いだし、何が起こるか分からないから、最善の準備を心がけるよ」

アロンソのマクラーレン・ホンダ時代の同僚ジェンソン・バトンは、ヴィタリー・ペトロフ、ミカエル・アレシンとともにSMPレーシング11号車をドライブ。アレシンが記録した3分21秒408が最速となり7番手。バトンは個人総合24番手となる3分25秒806をマークした。

2018年ル・マン24時間 予選1回目結果(LMP1クラス)

Pos No. Driver Team Lap Time
1 8 中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
フェルナンド・アロンソ
TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
31 3:17.280
2 7 小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
33 3:17.377
3 17 ステファン・サラザン
イゴール・オルトツェフ
マテヴォス・イサアキャン
SMPレーシング
BRエンジニアリングBR1・AER
24 3:19.483
4 1 アンドレ・ロッテラー
ニール・ジャニ
ブルーノ・セナ
レベリオン・レーシング
レベリオンR13・ギブソン
26 3:19.662
5 3 トーマス・ローレン
マティアス・ベシェ
グスタボ・メネゼス
レベリオン・レーシング
レベリオンR13・ギブソン
27 3:19.945
6 10 ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ
ドラゴンスピード
BRエンジニアリングBR1・ギブソン
13 3:21.110
7 11 ヴィタリー・ペトロフ
ミカエル・アレシン
ジェンソン・バトン
SMPレーシング
BRエンジニアリングBR1・AER
29 3:21.408
8 4 オリバー・ウェッブ
ドミニク・クライハマー
トム・ディルマン
バイコレス・レーシング・チーム
エンソ・CLM P1/01・ニスモ
24 3:22.505
9 5 チャールズ・ロバートソン
マイケル・シンプソン
レオ・ルーセル
CEFC TRSMレーシング
ジネッタG60-LT-P1・メカクローム
20 3:26.246
10 6 オリバー・ローランド
アレックス・ブランドル
オリバー・ターベイ
CEFC TRSMレーシング
ジネッタG60-LT-P1・メカクローム
17 3:30.339