2017年 F1日本GP スターティンググリッド / アロンソ・ライコネン含む5名のドライバーが降格処分copyright formula1-data

2017年 F1日本GP スターティンググリッド / アロンソ・ライコネン含む5名のドライバーが降格処分

  • 公開日時:

FIA国際自動車連盟は、第16戦F1日本GP決勝レースのスターティング・グリッドを発表した。フェルナンド・アロンソやキミ・ライコネンを含む計5名のドライバーがグリッド降格ペナルティーを受けたため、予選結果とグリッドの間には大きな変化が生じた。

  • 予選10番手アロンソ(マクラーレン・ホンダ)…PU交換で20番手(35グリッド降格)
  • 予選15番手サインツ(トロ・ロッソ)…PU交換で19番手(20グリッド降格)
  • 予選14番手パーマー(ルノー)…PU交換で18番手(20グリッド降格)
  • 予選6番手キミ・ライコネン(フェラーリ)…ギアボックス交換で10番手(5グリッド降格)
  • 予選2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)…ギアボックス交換で6番手(5グリッド降格)

フロントロウはポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。セカンドロウにはダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンのレッドブル勢が並ぶ。フェルスタッペンは「スタートが重要。鈴鹿でのオーバーテイクは困難」と語り、スタートが勝負を左右すると主張している。

日本GP終了後にルノーから放出されるジョリオン・パーマーは18番グリッド、フォース・インディア勢はエステバン・オコンが5番グリッド、セルジオ・ペレスが7番グリッドと、共にクリーンなラインからスタートする。鈴鹿サーキットのレーシングラインは外側奇数列。偶数列のフェラーリ勢はやや不利か。

Grid Driver Team
1 ルイス・ハミルトン メルセデス
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
3 ダニエル・リカルド レッドブル
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル
5 エステバン・オコン フォース・インディア
6 バルテリ・ボッタス メルセデス
7 セルジオ・ペレス フォース・インディア
8 フェリペ・マッサ ウィリアムズ
9 ストフェル・バンドーン マクラーレン
10 キミ・ライコネン フェラーリ
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー
12 ケビン・マグヌッセン ハース
13 ロマン・グロージャン ハース
14 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ
15 ランス・ストロール ウィリアムズ
16 マーカス・エリクソン ザウバー
17 パスカル・ウェーレイン ザウバー
18 ジョリオン・パーマー ルノー
19 カルロス・サインツ トロ・ロッソ
20 フェルナンド・アロンソ マクラーレン

F1日本GP特集