《動画》F1イタリアGP 2017《決勝》ハイライト / 抜けないモンツァでオーバーテイク多発copyright FORMULA 1

《動画》F1イタリアGP 2017《決勝》ハイライト / 抜けないモンツァでオーバーテイク多発

  • 公開日時:

予選とは打って変わりドライコンディションとなった2017年のF1イタリアGP。1時間15分のレースを制したのはメルセデスAMGのルイス・ハミルトン、通算59勝目をマークし今シーズン初の2連勝を果たした。ハミルトンはこの勝利でチャンピオンシップの順位を逆転、ライバルのセバスチャン・ベッテルを抑えトップに立った。

ルノーエンジン勢が尽くグリッド降格ペナルティーを受け、予選順位とスターティンググリッドが大きくシャッフルされた。ホンダ勢もエンジンの信頼性不足によって降格処分を受け、9名計150グリッドもの降格処分が下された。ヨーロッパラウンドの最終戦は、今季の開発競争の激しさを物語るような結果となった。

F1公式が公開した6分6秒のハイライト動画を以下に紹介する。コメンテーターはデイビット・クロフトとマーティン・ブランドルの2人が務める。

ハイライト動画の主な内容

イタリアGPでサイド・バイ・サイドになったライコネンとボッタス

抜けないサーキットと表される伊モンツァ・サーキットだが、最強メルセデスにとってはそれは只の統計に過ぎなかったようだ。4番手スタートのバルテリ・ボッタスは、スタート直後にキミ・ライコネンにポジションを奪われたものの同一周回で軽々挽回、その後も立て続けにエステバン・オコンとランス・ストロールを追い抜き、早々にメルセデス1-2体制を築いた。

3周目に接触したマックス・フェルスタッペン

ラップ3、1コーナーでフェリペ・マッサとサイド・バイ・サイドになったマックス・フェルスタッペンは、右フロントを接触させてしまいパンク、予定外のピットストップを強いられたことで戦線離脱した。

パーマーのゲインに怒るフェルナンド・アロンソ

ジョリオン・パーマーとのバトルになったフェルナンド・アロンソ、パーマーがコースオフしてタイムゲインを得たと猛抗議。スチュワードはパーマーに5秒ペナルティーを科したものの怒りは収まらない。その後マシントラブルによってパーマーはレースを終えたが、それを知らないアロンソはチームに「パーマーはどこだ?」と尋ね、エンジニアが「彼はリタイヤしたよ」と応えると一言「カルマだ(自業自得だ)」と言い放った。

数々のオーバーテイクを披露したダニエル・リカルド

エンジンとギアボックス交換によって16番手からスタートしたダニエル・リカルドは、オーバーテイク仕様の低ダウンフォースマシンのポテンシャルを最大限に使って果敢にオーバーテイクを仕掛け、17周目にはセルジオ・ペレスを抜いて6番手まで挽回。終盤には3位ベッテルをあと少しのところまで追い詰めた。

2017年F1ベルギーGP決勝ハイライト動画
画像をクリックすると動画配信先に飛びます

F1イタリアGP特集