パラボリカでクラッシュするスクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール

F1イタリアGP決勝速報︰大波乱!フェラーリ2台が早々にリタイヤ…ハミルトンにストップ&ゴーの罰則

  • Published: Updated:

日本時間9月6日22時に第8戦イタリアGP決勝レースがブラックアウトを迎えた。24周目にホームグランプリのスクーデリア・フェラーリ、シャルル・ルクレールが最終コーナーのパラボリカでクラッシュした事で、レースは現在赤旗中断が続いている。

モンツァ・サーキットでの53周のレースは、気温27.7℃と暑いドライコンディションの下で開始された。

続報︰ガスリーがイタリアGPで初優勝!

最前列のバルテリ・ボッタス(メルセデス)が蹴り出しで失速した事で、注目のオープニングラップではターン1までに3番手のカルロス・サインツ(マクラーレン)が2番手に浮上。続くロッジアのシケインでは6番手のランド・ノリス(マクラーレン)がボッタスを抜き去り、3番手にポジションを上げた。

1周目を終えて、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)3ポジションダウンの8番手に、同じRB16を駆るアレックス・アルボンはターン1でイン側にいたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)と接触し、6ポジションダウンの15番手に後退した。アルボンは他車に十分なスペースを残さなかったとして5秒ペナルティを受けた。

5周目には、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がブレーキトラブルに見舞われてしまい、シケインで止まれずポリスチレン製のマーカーボードを突っ切り、14回目のモンツァにして初めてリタイヤを喫した。

ピットストップウィンドウが開いた19周目、ケビン・マグヌッセン(ハース)が「何かが壊れた」と訴えコース脇にマシンを停めた。この影響で一旦イエローフラッグが振られたが、後にセーフティーカーが導入された。

このタイミングで、首位を走っていたルイス・ハミルトン(メルセデス)とアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がタイヤ交換に動いたが、ピットレーンが閉鎖されている状態であったため審議の対象となり、各々に10秒のストップ・アンド・ゴー・ペナルティが科された。

レースはルクレールのクラッシュの影響で赤旗中断となっており、日本時間23時20分に再開される予定となっている。事実上のトップに立っているのはランス・ストロール、2番手にピエール・ガスリー、3番手にキミ・ライコネンが続く。

F1イタリアGP特集