2018年インディカー第16戦ポートランドで優勝し勝利を祝うレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨copyright IndyCar

INDYCAR 第16戦ポートランド:予選20番手の佐藤琢磨がキャリア通算3勝目の大逆転優勝!

  • 最終更新:

インディカー・シリーズ第16戦ポートランドの決勝レースが現地9月2日(日)に行われ、予選20番手の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)が昨年のインディ500以来初、キャリア通算3勝目を挙げた。2位はライアン・ハンター=レイ(アンドレッティ・オートスポーツ)、3位にはセバスチャン・ブルデー(デイル・コイン)が続く結果となった。

11年ぶりの開催となったポートランド・インターナショナル・レースウェイでのレースは、オープニングラップから複数台が絡むクラッシュが発生。ポイントリーダーのスコット・ディクソンが巻き込まれるなど波乱の幕開けとなった。ザック・ビーチがコーナーのイン側にいたジェームズ・ヒンチクリフに幅寄せする形で接触。コントロールを失ったヒンチクリフのマシンに後続車が次々と突っ込み玉突き事故が発生した。

このクラッシュに巻き込まれたエド・ジョーンズ、マルコ・アンドレッティ、グラハム・レイホールが早々にリタイヤ。ディクソンは奇跡的に大きなダメージもなくコースに復帰した。リスタート後の9周目にはポールシッターのウィル・パワーが突如失速。一気にポジションを落とした。

ランキング3位のパワーはその後43周目に単独クラッシュ。2度目のフルコースイエローの原因を作った。その事故の直前、ディクソンはピットレーンの速度超過ペナルティのためドライブスルーペナルティを消化。チャンピオンシップ争いを繰り広げるキープレイヤー達を試練が襲った。幸いにもパワーのマシンに大きなダメージはなく、グラベルからコースへと復帰した。

残り29周のところでサンティノ・フェルチがコース上でストップ。スティントを引き伸ばしていた各マシンが一斉にビットへと入った。その直後にコース上はフルコースイエロー。琢磨もこのタイミングで最後のピット交換に動き、2番手でコース上に戻った。

レースは残り25周でリスタート。残り20周でラップリーダーのマックス・チルトンがピットイン。先頭に躍り出て勝利のチャンスが巡ってきた琢磨はその後、ハンター=レイとの激しいバトルを制し見事トップチェッカー。序盤にクラッシュに見舞われ、一時はリタイヤの危機すらあったポイントリーダーのディクソンは驚きの5位でチェッカーを受けた。

「本当に嬉しいです!確かに予選順位は良くなかったんですが、マシンが良かったのでセッティングもそのままに決勝に臨みました」と琢磨。終始満面の笑みでインタビューに応じた。

「今日は2ストップで行けると分かっていたので、一周目から燃料をセーブする作戦で行きました。今回はイエローも味方をしてくれたし戦略も良かったので非常にやりやすかったです。最後はライアンにコンマ5秒まで迫られましたけど、プッシュ・トゥ・パスを効果的に使いながらギャップを保ちました。最後の2ラップは緊張感のあるバトルだったと思いますけど、最後まで上手く走り切る事が出来ました」

ディクソンはポイントリーダーの座を守り598ポイントでトップ。2位は569ポイントでアレキサンダー・ロッシ。3位には511ポイントでウィル・パワーが続く。次戦はポイント2倍の最終ソノマ。タイトル争いは最終戦にまでもつれ込んだ。

インディカー第16戦ポートランド決勝順位結果

Pos. Start Driver Team
1 20 佐藤琢磨 Rahal
2 5 ライアン・ハンター=レイ Andretti
3 4 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne
4 17 スペンサー・ピゴット Ed Carpenter
5 11 スコット・ディクソン Chip Ganassi
6 22 シモン・パジェノー Team Penske
7 25 チャーリー・キンボール Carlin
8 3 アレキサンダー・ロッシ Andretti
9 16 ピエトロ・フィッティパルディ Dale Coyne
10 2 ジョセフ・ニューガーデン Team Penske
11 24 トニー・カナーン AJ Foyt
12 14 カルロス・ムニョス Schmidt Peterson
13 21 ギャビー・チャペス Harding Racing
14 19 マテウス・レイスト AJ Foyt
15 12 ジョーダン・キング Ed Carpenter
16 13 ジャック・ハーベイ Schmidt Peterson
17 23 アルフォンソ・セリスJr. Juncos Racing
18 15 マックス・チルトン Carlin
19 6 ザック・ビーチ Andretti
20 18 サンティーノ・フェルッチ Dale Coyne
21 1 ウィル・パワー Team Penske
22 7 ジェームズ・ヒンチクリフ Schmidt Peterson
23 10 グラハム・レイホール Rahal
24 8 エド・ジョーンズ Chip Ganassi
25 9 マルコ・アンドレッティ Andretti