2020年インディカー・シリーズ第12戦ハーベストGPのレース1の様子copyright Indycar

インディカー第12戦ハーベストGP Race1 決勝:ニューガーデンがタイトルの望み繋ぐ今季3勝目、佐藤琢磨「レース2で巻き返す」

  • Published:

2020年NTTインディカー・シリーズ第12戦ハーベストGP(Harvest GP presented by GMR Race 1)のレース1が、米国インディアナ州現地10月2日にインディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)で行われ、チーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンが今季3勝目、キャリア通算17勝目を挙げた。

ディフェンディング・チャンピオンは第1スティントを22周まで引っ張る事でリーナス・ヴィーケイを抜き去り2番手に浮上。終盤に差し掛かろうかという60周目に、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポーツ)がブレーキングミスを喫した事でトップに躍り出ると、その後は危なげもなく隊列を率いてトップチェッカーを受けた。

ヴィクトリーレーンに上がったチーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデン、2020年インディカー・シリーズ第12戦ハーベストGP

チャンピオンシップで首位につけるスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)は予選12番手からスタート。最終盤に7番手にまでポジションを上げていたが、残り2周でブレーキングミスを喫して、グレアム・レイホール(RLLR)とジャック・ハーヴィー(メイヤーシャンク)にポジションを許し、9位でヘルメットを脱いだ。

この結果、ディクソンとニューガーデンのポイント差は40ポイントにまで縮まり、タイトル争いの行方は次戦以降に持ち越される事となった。レースを終えたディクソンは「今日はブラックタイヤに苦戦してしまった」と語った。

「スタートでグレアム(レイホール)に押し出されてポジションを失った事が後々まで響いた。ブラックタイヤでのスティントでは、トップに15~20秒の差をつけられていたと思う。これもまたレースだけど、あれほど走りが良くなかったのは不可解だから、明日のレース2までに原因を突き止めたい」

コーションフリーのレースを2位でフィニッシュしたのはアレキサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)。ポールシッターのリーナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター)を抑え、IMSのロードコースでキャリアベストを更新した。ヴィーケイにとっては自身初の表彰台獲得となった。

2020年インディカー・シリーズ第12戦ハーベストGPのレース1で表彰台に上がったジョセフ・ニューガーデン、アレキサンダー・ロッシ、リーナス・ヴィーケイ

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨は、予選でスピンを喫して24番グリッドからスタートし、序盤にルーキーのダルトン・ケレット(A.J.フォイト)にポジションを許して一時は25番手最下位に転落した。

起死回生の2ストップ戦略に光明を見いだせないと判断すると、レース途中で3ストッパーにチェンジ。タイムロスと合わせて、予選でレッドタイヤを1セット潰してしまった事で、不利なブラックタイヤでの2スティントを強いられる事となり、終盤には印象的なペースを発揮したものの、1ラップダウンの18位という結果に終わった。

レースを振り返った佐藤琢磨は「厳しい一日になってしまいました」と切り出した。

「後方からのスタートだったので2ストップを採用することにしたのですが、計算上では燃料が7・8周分足らなかったので、フルコースコーションに期待していました。ですがイエローが出ない状況が続いたため、途中で3ストップ作戦に切り替える事となり、大幅にタイムをロスする形になってしまいました」

「順位を巻き返していくために、セッティングとしてはアグレッシブにダウンフォースを減らしていたのですが、クルマをコントロールするのが非常に難しく、予選でレッドタイヤを1セット失っていたことも痛手となりました」

「全体的にタフなレースになってしまいましたが、明日の予選と決勝に向けてデータを集める事ができたのは前向きな材料です。明日は予選でトップ10に入る必要があります。2レース目という事で、全車がパフォーマンスレベルを上げ、フィールド全体がより拮抗することになると思いますが、僕らは今日以上に高い競争力を発揮できると思います」

インディアナポリス・モーター・スピードウェイのロードコースを走るレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨、2020年インディカー・シリーズ第12戦ハーベストGP

惨事には至らなかったものの残り6周では、12番手を走行していたマルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポーツ)のリアに炎が上がる場面があった。

2020年シーズンも残り後2戦。IMSロードでのレース2はレース1より10周少ない75周で争われる。予選が現地10月3日午前に行われた後、アメリカ東部時間14時30分に決勝のグリーンフラッグが振られる。

2020年インディカー・シリーズ第12戦ハーベストGPのレース1の様子

ハーベストGP Race1 決勝順位結果

Pos. Start Driver Gap
1 2 ジョセフ・ニューガーデン
Team Penske
–.—-
2 8 アレキサンダー・ロッシ
Andretti
14.2940
3 1 リーナス・ヴィーケイ
Ed Carpenter
15.0377
4 3 コルトン・ハータ
Andretti
17.3950
5 7 フェリックス・ローゼンクビスト
Chip Ganassi
18.4580
6 4 ウィル・パワー
Team Penske
26.1379
7 11 グレアム・レイホール
RLL Racing
27.3767
8 6 ジャック・ハーベイ
Meyer Shank
28.5311
9 12 スコット・ディクソン
Chip Ganassi
30.7960
10 15 マーカス・エリクソン
Chip Ganassi
36.9727
11 9 マックス・チルトン
Carlin
47.5513
12 14 コナー・デイリー
Ed Carpenter
56.9548
13 23 チャーリー・キンボール
A.J. Foyt
1:10.8969
14 18 ジェームズ・ヒンチクリフ
Andretti
1:11.9901
15 20 サンティノ・フェルッチ
Dale Coyne
1 lap
16 22 シモン・パジェノー
Team Penske
1 lap
17 17 アレックス・パロウ
Dale Coyne
1 lap
18 24 佐藤琢磨
RLL Racing
1 lap
19 13 ライアン・ハンター=レイ
Andretti
1 lap
20 19 エリオ・カストロネベス
McLaren SP
1 lap
21 16 セバスチャン・ブルデー
A.J. Foyt
1 lap
22 10 パトリシオ・オワード
McLaren SP
1 lap
23 21 セージ・カラム
Dreyer & Reinbold
1 lap
24 25 ダルトン・ケレット
A.J. Foyt
2 lap
25 5 マルコ・アンドレッティ
Andretti
6 lap

2020年のインディカー・シリーズは、例年通りCS放送のGAORA SPORTSで生放送される。視聴には「スカパー!」の他、ケーブルテレビの「J:COM」や光回線を使った「ひかりTV」「auひかり」なら、面倒なアンテナ設置なしでインディカーを楽しむ事もできる。

スカパー!