レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨、2019年インディ500オープンテストcopyright Indycar / Joe Skibinski

インディ500公式テスト結果:佐藤琢磨が2度目の制覇に向けてトップ発進!アロンソはトラブル

  • 最終更新:

2019年の第103回インディ500オープンテストが、4月24日にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催され、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨がトップタイムを記録。自身2度目のインディ500制覇に向けて順調な滑り出しを見せた。

現地11時のテスト開始直後に降雨があり、セッションは4時間に渡って中断を余儀なくされた。これに伴いスケジュールが変更となり、午後15時30分から17時30分までがベテランドライバー、17時30分から19時半までがルーキー&リフレッシャーズの走行と割り振られた。

Mi-Jackカラーの黄色のパナソニック・ホンダ30号車に乗り込んだ佐藤琢磨は、この日のベストラップとなる226.993mphを記録。2番手のエド・カーペンターを抑えてトップに立ち、ドラフティングなしのスピード(NTS)でも222.942mphで全体ベストを記録した。3番手にはスペンサー・ピゴットが続いた。

セッションを振り返った2017年のインディ500ウィナーの佐藤琢磨は「プログラムは何度か中断を強いられましたが、今日はシェイクダウンが目的ですし、全ての機能が問題なく動作する事を確認できました。その点ではスムーズな一日になったと思います」と語った。

ルーキー&リフレッシャーズには、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが登場。英国ウォーキングのファクトリーで開発された新車を持ち込み、いざコースインしようとしたところ、ピットレーンの出口でマシンストップ。のっけから電気系統のトラブルに見舞われてしまった。マクラーレン66号車はシボレーエンジンを搭載している。

マシントラブルでストップし牽引されるマクラーレンのフェルナンド・アロンソ、2019年インディ500オープンテスト
© Indycar / Skibinski、牽引されるマクラーレンのフェルナンド・アロンソ

その後修復を終えてコースに復帰したものの、走行僅か29周に終わり、9台がエントリーしたルーキープログラムで最下位に終わった。クルマはダラーラの協力を得て1週間前に完成したばかり。アロンソは、今日のトラブルに”驚き”はないと語った。

「序盤に走行時間を失った事は明らかだが、完全に新しいシャーシであったため、多かれ少なかれトラブルが出る事は予想していた。組み上がったのは先週だったし、まずは一歩一歩少しずつ周回を重ねていこうと考えていた」

「正午にインストールラップを走れていれば、問題に上手く対処出来たかもしれない。午後に向けて作業できる時間が確保できるからね。でも残念ながら今日は天候がスケジュールを遅らせてしまった。午後17時30分に初めてコースインすることになってしまったから、時間内にコースに戻ってくる余裕はなかった」

オープンテストを終えたインディカー・シリーズは伝統の500マイルレースを前に、まずはIMSでの第5戦インディカーGPを迎える。プラクティスと予選は5月10日(金)、決勝レースは11日(土)に行われる。

IMSオーバル・オープンテスト順位結果

Pos. Driver Team Time
1 佐藤琢磨 Rahal 0:39.649
2 エド・カーペンター Ed Carpenter 0:39.750
3 スペンサー・ピゴット Ed Carpenter 0:39.766
4 ウィル・パワー Team Penske 0:39.783
5 ライアン・ハンター=レイ Andretti 0:39.826
6 スコット・ディクソン Chip Ganassi 0:39.893
7 エド・ジョーンズ Ed Carpenter 0:39.896
8 シモン・パジェノー Team Penske 0:39.901
9 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne 0:39.932
10 アレキサンダー・ロッシ Andretti 0:40.011
11 グラハム・レイホール Rahal 0:40.132
12 ザック・ビーチ Andretti 0:40.214
13 マルコ・アンドレッティ Andretti 0:40.304
14 ジョセフ・ニューガーデン Team Penske 0:40.352
15 ジェームズ・ヒンチクリフ Schmidt Peterson 0:40.359
16 ジャック・ハーベイ Schmidt Peterson 0:40.398
17 マテウス・レイスト AJ Foyt 0:40.418
18 チャーリー・キンボール Carlin 0:40.619
19 マックス・チルトン Carlin 0:40.799
20 トニー・カナーン AJ Foyt 7:12.812

2019年のインディ500は、例年通りCS放送のGAORA SPORTSで生放送される。視聴にはスカパーやひかりTVとの契約が必要となる。

スカパー!WEBサイト