バーレーン・インシーズンテスト2日目でメルセデスW10をドライブしたジョージ・ラッセルcopyright Pirelli & C. S.p.A.

F1バーレーンテスト《2日目》最終結果:ラッセルが土壇場で最速を奪取、周回数トップ3は全てホンダPU搭載マシン

  • 最終更新:

2019年シーズン第一回F1インシーズンテスト最終2日目のセッションが、4月3日水曜にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、メルセデスW10をドライブしたジョージ・ラッセルがトップタイムを記録した。

気温が低下した午後16時半過ぎ、レーシングポイントのセルジオ・ペレスが1分29秒095をマークして、タイムシートのトップに浮上。このままチェッカーフラッグかと思われたが、セッション終了5分前にラッセルが1分29秒029をマーク。ウィリアムズから出走した先日のバーレーンGP予選の自己ベストよりも、2.7秒速いタイムを刻み最速の座を確保した。

規約では4日間のインシーズンテストうち2日間を、F1でのレース出走経験が2戦以内の若手を起用する事と定めており、メルセデス育成傘下のラッセルはこの日、籍を置くウィリアムズではなく本家ワークスメルセデスからテストに参加した。同様の理由で、レッドブルは今年スーパーフォーミュラに参戦するダン・ティクタムを、ルノーは育成ドライバーのジャック・エイトケンを、ウィリアムズはニコラス・ラティフィ、ハースはピエトロ・フィッティパルディを起用した。

3番手は午前中に暫定トップを記録していたフェラーリのセバスチャン・ベッテル。4番手には、午前のランド・ノリスからMCL34のステアリングを引き継いだカルロス・サインツが続いた。トップ2が最も柔らかいC5コンパウンドでの計測であったのに対して、こちらはC3タイヤでのタイムであった。

ホンダ勢最上位はトロロッソ・ホンダのダニール・クビアト。111周を走り、2020年のプロトタイプコンパウンドで1分29秒911の参考5番手タイムを残した。STR14の通常テストを担当したアレックス・アルボンはC4コンパウンドで7番手。全15台中最多となる143周を走り込んだ。レッドブルRB15の走行を託されたティクタムはC4を履いて9番手。こちらも135周と大量のマイレージを稼いだ。

レッドブルRB15のコックピットに座るダン・ティクタム、F1バーレーンテスト2日目
© Getty Images / Red Bull Content Pool、レッドブルRB15のコックピットに座るダン・ティクタム

この日の周回数上位3名は、いずれもホンダエンジン搭載車両のドライバー。パワーユニットが高い信頼性を発揮した事でホンダのPUプログラムも順調に進んだようで、ホンダF1の副テクニカルディレクターを務める本橋正充は「(初日の雨による)遅れを挽回できた。全体として良いテストになったと感じている」と語った。

セッションは現地9時に気温24度、路面27度のドライコンディションでスタート。上空は所々に雲が広がり快晴とはならなかったものの、初日とは異なり雨に見舞われる事はなく路面も改善し、各車精力的にコースを周回した。午前中はエアロレイクを装着するなどして空力テストに臨むチームが多く見られた一方、午後はロングランに集中して取り組んだようだ。

アルファロメオC38をドライブしたミック・シューマッハ、F1バーレーンテスト2日目
© Pirelli & C. S.p.A.、アルファロメオC38をドライブしたミック・シューマッハ

ミック・シューマッハはこの日、フェラーリと同じフィアット傘下のアルファロメオのガレージへと移動。70周を走行して6番手タイムを刻み、初日に同じC38をドライブしたアントニオ・ジョビナッツィを2秒強上回ってみせた。フェルナンド・アロンソはこの日もピレリの開発をサポート。69周を走り込んで参考11番手タイムで締め括った。

第一回プレシーズンテスト《2日目》最終順位結果

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:29.029 C5 101
2 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:29.095 C5 61
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:29.319 C3 103
4 カルロス・サインツ マクラーレン 1:29.765 C3 21
5 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:29.911 開発 111
6 ミック・シューマッハ アルファロメオ 1:29.998 C5 70
7 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:30.037 C4 143
8 ランス・ストロール レーシングポイント 1:30.049 C5 35
9 ダン・ティクタム レッドブル・ホンダ 1:30.856 C4 135
10 ロマン・グロージャン ハース 1:30.903 C4 87
11 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1:31.006 開発 69
12 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1:31.209 C3 48
13 ランド・ノリス マクラーレン 1:31.303 C2 72
14 ジャック・エイトケン ルノー 1:31.500 C4 103
15 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ 1:32.198 C4 100
16 カルロス・サインツ マクラーレン 1:32.269 開発 60