レッドブル・ホンダRB15、2019年F1バーレーンテスト初日copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1バーレーンテスト《初日》結果:レッドブル・ホンダが跳馬シューマッハを抑えて最速を記録

  • 最終更新:

2019年第一回目のインシーズンテストが4月2日(火)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが1分29秒379を記録。フェラーリSF90をドライブした7度の世界王者ミハエル・シューマッハの実子、ミックを0.597秒差で2番手に従えた。

今年FIA-F2選手権に参戦するミック・シューマッハは、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員として今回のテストに参加した。セッション終了間際に最も柔らかいC5コンパウンドを履き、1分29秒976をマークしてタイムシートのトップを確保。母コリーナが見守る目の前で堂々の走りを披露したが、その直後にC3タイヤのフェルスタッペンに交わされた。

カーナンバー29を付けたフェラーリSF90のミック・シューマッハ、F1バーレーンテスト初日
カーナンバー29を付けたフェラーリSF90のミック・シューマッハ

セッションは現地午前9時に気温24度、路面温度28度のドライコンディションでスタートするも、午前は2度のシャワーに見舞われ全車ピットに撤収。午後にも降雨があり、長時間に渡ってガレージに閉じ込められた。テストではグランプリとは別に各チームがピレリに供給タイヤを指定するが、砂漠の只中のバーレーンで雨が降るとは思いもよらず、雨用タイヤのインターミディエイトあるいはフルウェットを要求したチームはいなかった。

午後の雨は比較的早くに止んだものの、この日は風も弱く気温も低かったため、路面が乾くのに時間がかかってしまい、再びコース上に出られたのはチェッカー1時間前。4時間半をロスする事となった。バーレーンのコースは人工照明を備えているため、現地20時までの延長が議論されたが全会一致には至らず、予定通り18時でチェッカーフラッグが振られた。

理想的には150周程度を走り込みたいところであったが、この日の最多周回数はメルセデスAMGのルイス・ハミルトンが刻んだ77周。テスト日和とは言い難い一日となった。テストは3日水曜にも開催されるが、予報では再び一時的な雨が予想されている。

3番手にはマクラーレンのランド・ノリス、4番手にはハースのロマン・グロージャンが続き、先日のバーレーンGPで競争力を示した2チームが上位に付けた。トロロッソ・ホンダSTR14のステアリングを握ったアレックス・アルボンは、71周を走り込み4番手タイムでマシンを降りた。

2020年に向けてのピレリ開発テストを担当したマクラーレンのフェルナンド・アロンソは11番手。同じくプロトタイプタイヤを履いたトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは14番手タイムを記録した。

第一回プレシーズンテスト《初日》順位結果

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:29.379 C3 69
2 ミック・シューマッハ フェラーリ 1:29.976 C5 56
3 ランド・ノリス マクラーレン 1:30.800 C3 22
4 ロマン・グロージャン ハース 1:30.982 C3 42
5 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:31.089 C3 71
6 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:31.156 C3 77
7 ダニエル・リカルド ルノー 1:31.584 C4 45
8 ランス・ストロール レーシングポイント 1:31.964 C3 32
9 カルロス・サインツ マクラーレン 1:32.059 C2 32
10 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:32.067 C3 53
11 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1:32.207 開発 64
12 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1:32.708 C3 20
13 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1:33.290 C3 19
14 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:33.653 開発 45
15 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1:33.682 C3 27