トヨタ セリカ ツインターボ(1985年) ユハ・カンクネン/フレッド・ギャラハー サファリラリー優勝creativeCommons Rikita

ホンダコレクションホールで初のラリー特集「日本の挑戦車たち~ Part1 黎明期編」

  • 最終更新:

森の中のモビリティテーマパーク、栃木県のツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールでは、2019年9月12日(木)から12月9日(月)までの間、初となるラリー車両の企画展「RALLY WORLD~日本の挑戦車たち~ Part1 黎明期編」を開催する。

地球上のあらゆる大地をステージにして過酷な環境下で行われるラリー。日本の多くの自動車メーカーは世界のさまざまなラリーに挑戦し、その経験をクルマづくりに活かしてきた。今回の企画展では、黎明期編として主に1970年から1980年代前半に活躍したラリーマシンを取り上げる。

展示が予定されているのは全部で9台。1958年に豪州ラリーAクラス4位を獲得した日産「ダットサン1000セダン桜号」や、1984年のアクロポリスラリーで総合3位に輝いたマツダ「RX-7 Gr.B仕様ラリーカー」、そして1985年のサファリラリーで優勝を飾ったトヨタ「セリカ・ツインターボ」など、ホンダだけでなく日本の自動車メーカーが世界に誇る名車が一堂に会する。

期間 2019年9月12日(木)~12月9日(月)
協力 トヨタ博物館
日産自動車株式会社
マツダ株式会社
三菱自動車工業株式会社
資料提供 株式会社カーグラフィック
場所 ホンダコレクションホール
3階中央エリア、3階北棟
時間 9:30 – 17:00(曜日により異なる)
料金 無料(別途入場・駐車料金)