左から八郷隆弘 Honda代表取締役社長、モビリティランド山下晋社長、豊田章男トヨタ自動車代表取締役社長兼執行役、モースポフェス2019にてcopyright Honda

今年も入場無料「モースポフェス2020」の開催が決定!3月7日~8日に鈴鹿サーキットにて

  • Published:

株式会社モビリティランドは「モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」を、2020年3月7日(土)及び8日(日)の2日間に渡って、三重県鈴鹿サーキットで開催すると発表した。

モースポフェスは、日本におけるモータースポーツ文化の発展と盛り上げを目的としたイベントで、ホンダ、トヨタ、モビリティランドの3社共催として昨年初めて開催された。注目の第一回イベントでは、豊田章男トヨタ社長がヤリスWRCを、そして八郷隆弘ホンダ社長がホンダCBR1000を自らドライブしてファンの前に登場。5万人の喝采を浴びた。

入場は無料。公式サイトで掲載予定の特別招待券を提示することで、無料で入場できる。コンテンツの内容は、12月中旬以降に順次発表されるとの事だが、昨年はインディカーやWEC世界耐久選手権、WRC世界ラリー選手権といった海外シリーズに参戦するマシンやドライバーの他、スーパーGTやスーパーフォーミュラといった国内で活躍するホンダ及びトヨタの二輪・四輪マシンが集結した。

なお、グランドスタンド席を事前に確保できる「リザーブシート」や、家族やグループで楽しめる7月にオープンしたばかりの「R-BOX」や「GRAN VIEWシート」、プレミアムエリアでイベント観戦ができる「VIPスイート・プレミアム」や「ホスピタリティラウンジ」、ドライバーやマシンに会える「グリッド&ピットウォーク」、駐車場所を確保できる「前売駐車券」に関しては、来年1月5日よりオンライン・ショッピングサイト「MOBILITY STATION」で販売が開始される。