ガルフのロゴが掲載されたマクラーレンMCL35とランド・ノリス及び経営陣、ガルフのガソリンスタンドにてcopyright McLaren

F1を代表するアイコニックな「Gulf」が復活、マクラーレンとの複数年契約を発表

  • Published: Updated:

マクラーレン・グループは2020年7月28日(火)、石油大手ガルフ・オイル・インターナショナル・リミテッド(Gulf Oil International Ltd)との複数年にわたる戦略的パートナーシップの締結を発表した。F1の歴史の中で最もアイコニックなブランドの一つが2020年シーズンのF1世界選手権で復活を遂げる。

ガルフとマクラーレンのパートナーシップは1968年から1973年末まで続き、F1及びCan-Amシリーズの両方で40勝以上を挙げる成功を収めた。1990年代にはル・マン24時間レースで再びタッグを組み、ガルフカラーのマクラーレンF1 GTRを走らせた。ガルフのブランドカラーであるオレンジ色は、高品質、革新性、卓越した技術の代名詞として往年のモータースポーツファンに認知されている。

左︰ガルフのマイク・ジョーンズCEO、右︰マクラーレンのザク・ブラウンCEO
左︰ガルフのマイク・ジョーンズCEO、右︰マクラーレンのザク・ブラウンCEO

この契約にはレース部門のマクラーレン・レーシングだけでなく、高級スーパーカー部門のマクラーレン・オートモーティブも含まれる。

ガルフは2021年よりマクラーレン・オートモーティブのオイルサプライヤーを務める。オイルと高性能エンジン用に最適化された燃料をマクラーレンのロードカーに提供すると共に、PUREカスタマーイベントや小売店、チームキットにロゴを掲載する。

さらに選ばれた少数の顧客に対しては、マクラーレンのオーダーメイド部門であるマクラーレン・スペシャル・オペレーションズによる特別なオプションが提供される。これは1990年代のF1-GTRルマンをイメージしたガルフのロゴとカラーで、マクラーレンのスーパーカーにハンドペイントを施す事ができるというものだ。

このパートナーシップを開始するにあたり、7月31日(金)~8月2日(日)に英国シルバーストーン・サーキットで開催されるF1イギリスGPより、マクラーレンの今季型マシン「MCL35」のエンジンカバー並びにウイングミラーにガルフのロゴが掲載される。また、レースドライバーのランド・ノリスとカルロス・サインツのレーシングスーツ、チームウェアにもロゴが入れられる。

ガルフ・オイルのマイク・ジョーンズCEOはマクラーレンとの提携発表に寄せて「これは、ガルフブランドをエリートモーターレースに復活させる非常にエキサイティングなパートナーシップだ。歴史書には、ガルフとマクラーレンによる偉大な物語がたくさん紡がれている。そして我々は今、次の章を記すために再び手を組んだのだ」との談話を発表した。

また、マクラーレン・レーシングのザク・ブラウンCEOは「ガルフはマクラーレンの歴史の一部であり、業界においてその革新性と卓越した技術で知られている。これはマクラーレンと完全に一致するものだ。今シーズンから一緒にパートナーシップをスタートできることを楽しみにしている」と述べた。

ガルフ・オイル・インターナショナル・リミテッドは、米国ペンシルベニア州ピッツバーグに本社を構える石油会社で、インドのムンバイを拠点とする複合企業ヒンドゥージャ・グループの傘下にあり、5大陸に渡る100カ国以上で事業を展開している。

F1イギリスGP特集