FIA管轄の電動GTチャンピオンシップマシンのレンダリングイメージ (1)copyright FIA

FIA、新たな電動GTカテゴリーを発表…0-100km/h加速2.4秒 既存GT3をベース

  • Published:

国際自動車連盟(FIA)は2021年4月21日、既存のGT3マシンと同レベルのパフォーマンスを想定する新たなオール・エレクトリックGTシリーズの発足を発表した。

EV化が急速に進められる中、FIAは電動シリーズとして現在、フォーミュラE選手権とエクストリームEを抱えているが、これに新しくGTチャンピオンシップが加わる事になる。

FIA管轄の電動GTチャンピオンシップマシンのレンダリングイメージ (2)copyright FIA

FIA管轄の電動GTチャンピオンシップマシンのレンダリングイメージ (2)

この新たなGT選手権は、メーカーによる電動スーパーカーの関連技術開発のためのプラットフォームを想定しており、既存のGT3モデルを流用できるようテクニカル・レギュレーションの策定が進められていくという。

フェラーリは2025年までに電動ハイパーカーの生産を計画しており、フォードやポルシェ、ジャガーなど、多くのブランドが高性能電気自動車への投資を進めている。

FIA GTコミッションのリーナ・ゲイド会長は、ワーキンググループに参加しているメーカーから「強い関心が寄せられている」と述べる一方、このカテゴリーはFIAのGTポートフォリオを拡大するものであり、従来のGT3は「当面、世界中のカスタマーレーシング市場の中心であり続けるだろう」と付け加えた。

FIA管轄の電動GTチャンピオンシップマシンのレンダリングイメージ (3)copyright FIA

FIA管轄の電動GTチャンピオンシップマシンのレンダリングイメージ (3)

開発コストの高騰を防ぎ参入障壁を下げるべく、車両の最小重量は1490〜1530kgに設定される。既存のGT3クラスより重量基準を高く設定する事で高価な材料の使用を制限する狙いがある。

パフォーマンス的には0-62mph(0-100kmh)加速2.4秒を想定。87kWhのバッテリーは最大430kW、585馬力を発揮する事が可能で、各メーカーはトタル傘下のサフト社から提供されるバッテリーセルを元にして独自のバッテリーレイアウトを構築する。

また、700kWの急速充電に対応する事で、ピットストップの際には数分で60%まで補充する事ができるようになる。

メーカーは独自パワートレインを設計して、2つまたは4つの電気モーターで2輪または4輪を駆動する事ができる。また、コーナリング性能を向上させるために、速度、加速度、トラクション、操舵角に応じて各駆動輪のトルクを自動調整可能なダイナミック・ビークル・コントロールが採用される。

FIA管轄の電動GTチャンピオンシップマシンのレンダリングイメージ (4)copyright FIA

FIA管轄の電動GTチャンピオンシップマシンのレンダリングイメージ (4)