ベトナムの首都ハノイの市街地を使ったハノイサーキットの建設イメージcopyright Vietnam Grand Prix LLC

ハノイ・サーキットでのF1ベトナムGP、2020年開催中止が正式決定

  • Published: Updated:

今年4月に初開催が予定されていたF1ベトナムGPの現地プロモーターを務めるベトナムグランプリ・コーポレーションは10月16日、2020年のグランプリ開催中止を正式発表した。

現地主催者は近代F1サーキットの多くを手掛けてきたヘルマン・ティルケに設計を委託。新たにハノイ・サーキットを建設して史上初となるベトナムでのグランプリを計画していたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を受けて今年3月に延期を発表していた。

7月の時点では、11月末の開催を目指して準備を進めていく方針を明らかにしていたものの、国際自動車連盟(FIA)、F1、ハノイ市人民委員会、ベトナムモータースポーツ協会(VMA)との協議の結果、今季の開催が中止される事となった。

ベトナムグランプリ・コーポレーションのレ・ゴック・チーCEOは「これは我々全員にとって非常に難しい決断であったが、すべての安全基準を慎重に検討した結果、最終的にこれが唯一の解決策だと判断した。多くの方々の支援と理解に感謝する」との談話を発表した。

ベトナム保健省の発表によると、同国ではこれまでに1,110人以上の感染者数が確認されており、うち35名が死亡している。

F1ベトナムGP特集