雨のモンツァを走るレッドブルRB14、2018年F1イタリアGP1回目のフリー走行copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1日本GP、台風19号の影響でサポートレースのFIA-F4の走行を中止

  • 最終更新:

鈴鹿サーキットは10日木曜正午、台風19号の接近に伴い、F1日本GPのレースウィーク中にサポートレースとして開催予定だった「FIA-F4 Suzuka Special Stage」の走行一切を中止すると発表した。

FIA F4 Suzuka Special Stageは、11日(金)にフリー走行、12日(土)に公式予選及び決勝1、そして13日(日)に決勝2が行われる予定であったが、台風によるタイムスケジュール変更に備えて、F1の走行を優先するために、全てのセッションが中止される。

大型で猛烈な勢力を誇る台風19号が日本列島へと接近する中、現時点ではF4以外のスケジュール変更は発表されていない。鈴鹿サーキットはF1及びFIA国際自動車連盟、JAFと密接に連携して状況を注視しており、10日木曜午後20時に、再び何らかの発表が行われる見通しとなっている。

気象庁の発表では、台風19号は鈴鹿サーキットのある三重県に、12日(土)日中に最接近する見通しだとしており、3回目のフリー走行及び公式予選への影響が懸念されている。

F1日本GP特集