W08とW09の側面比較画像

メルセデス:2018年F1マシン「W09」解説 / 比較画像とエンジンスペック・主要諸元

  • 最終更新:

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ(Mercedes-AMG Petronas Motorsport)の2018年F1マシン「F1 W09 EQ Power+」の主要諸元と、搭載される同社最新版パワーユニット「M09 EQ Power+」のエンジンスペックを紹介。昨季の「W08」との比較画像を交えて解説する。

「W09」は2018シーズンのF1世界選手権でドライバーズ及びコンストラクターズの両部門を制覇。メルセデスAMGに5年連続、5度目のチャンピオンシップ獲得をもたらした

概要

メルセデスAMG W09
© Mercedes-Benz Grand Prix Ltd.

「W09」は2018年2月22日、イギリスのシルバーストーン・サーキットで正式発表された。その様子は全世界に向けてインターネットライブ配信された。発表の直前、バルテリ・ボッタスがステアリングを握る形でシェイクダウンが行われた。

「W09」は、F1界の著名デザイナーであるジェームズ・アリソンがメルセデスで手がけた最初のマシンとなる。アリソンは昨年フェラーリから移籍、テクニカル・ディレクターとして設計部門を率いている。開発には36万5000人日、つまり一人の従業員が作業に従事したと仮定すると、36万日という膨大な歳月がかかった。

MCL33 写真と解説

W09にはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの2人のドライバーのフィードバックが取り入れられた。昨年の「W08」は、低速サーキットでのパフォーマンスに難があり、セットアップに過敏に反応する不要な繊細さを備えていた。発表会の中でハミルトンは「全てが新しい」と述べ、大きく進化している事を強調した。

コンセプトを継続、「W08」の正常進化版

メルセデスAMG W09 全体像

ハミルトンの主張とは裏腹に、マシンの外観を見る限りはエアロパッケージに大きな変更は見られず、全20戦中15レースでポールポジションを獲得し圧倒的な速さを見せつけたW08の正常進化版と言える。

だが、心臓部であるエンジンは別の話。エンジン部門を率いるアンディ・コーウェルは、「M09 EQ Power+」がゼロから設計された新しいエンジンである事と言い切った。改良版やアップデート版などではなく、”新設計”のものだと言う。

4年連続でダブルタイトルを獲得したエンジンを捨てる必要がどこにあるのか?コーウェルはその理由として、摩擦低減と信頼性確保の2点において画期的なアイデアを手に入れたからだと説明。レイアウトや機能などの話ではなく、製造方法や素材に対しての新たな知見を手に入れたといったところだろう。

メルセデスAMG W09 正面写真

メルセデスAMG W09 正面低位置

昨年マシンとの比較画像

流石絶対王者と言うべきか。チームからメディア向けに提供されたスタジオフォトは、W09とW08とでは”意図的に”撮影画角が異なっている。それも極めて微妙なレベルでだ。画角が妨げとなって比較しづらい様に工夫されているため、マシンの左右中央で両者を並べると水平角にばらつきが生じてしまう。この点留意の上、見比べて頂きたい。

W08とW09の正面比較画像

W09の方が若干高い視点からの見下げとなっているため、バージボードやサイドポッドの上面の面積が異なるように見えてしまう。だがこの点を脳内補正して見ると、ザウバーC37の激変っぷりなどに比べると”全く”変化がないようにすら思えてくる程大きな変化は見当たらない。

メルセデスAMG W09 正面高位置

別の画角からもう一枚。こちらの方が見やすいか。サイドポッド・インレットの上下高が狭くなったのと、その下部のアンダーカット部分のエグリが減った所、リアサスペンション周り、コックピットからリアにかけてのボディーワークに変化が確認できる。サイドポッドの幅は他のチームと比べるとかなり広いように見受けられる。

W08とW09の側面比較画像

メルセデスは例年、プレシーズンテスト以降に姿形を変えてくるため、新車発表時のマシンは仮の姿として捉えておいた方が良いかもしれない。

技術諸元・スペック

エンジン

同じパワーユニットの供給を受けるウィリアムズの技術責任者パディ・ロウは、「M09」のパッケージングが”革新的”に変化したと述べている。馬力の公表は行われていないがルノーが950馬力以上を明言するところを考えると、限りなく1000馬力に近い出力を誇るものと思われる。

型式 メルセデスAMG F1 M09 EQ Power+
排気量 1600cc、97.6立方インチ
シリンダー V型6気筒 / 90度
バルブ数 24、DOHC
ボア径 80mm
ストローク 53mm
クランク高 90mm
過給 シングルターボ
ICE 最高回転数 15,000rpm(レギュレーション規定)
ターボ 最高回転数 125,000rpm
潤滑油 ペトロナス製チュテラ
最大燃料流量 100 kg/h
燃料 ペトロナス製プリマックス
燃料タンク ATL製ケブラー強化ゴムタンク
燃料タンク容量 105 kg
燃料噴射 高圧直噴、最大500bar/シリンダー
重量 145kg(既定最低重量、ERS含む)
馬力 未公表

ERS エネルギー回生システム

バッテリー(ES) リチウムイオンバッテリー(20kg)
バッテリー(ES)最大貯蔵量 4 MJ/周
MGU-K 最大出力 120 kW(161馬力)
MGU-K 最大回転数 50,000 rpm
MGU-K 最大回生量 2 MJ/周
MGU-K 最大放出生量 4 MJ/周(最高出力で33.3秒相当)
MGU-H 最大出力 無制限
MGU-H 最大回転数 125,000 rpm
MGU-H 最大回生量 無制限
MGU-H 最大放出量 無制限

シャシー

2016年まで使用していた「F1 W0X Hybrid」を昨年より改め、「F1 W0X EQ Power+」呼称となった第二弾のシャシー。”EQ”は”Electric Intelligence”の略であり、今後同社のプラグインハイブリッド市販車には「EQ Power」の名がつけられる。F1と市販車とのブランディングを考慮したネーミングというわけだ。

型式 メルセデスAMG F1 W09 EQ Power+
構造 C/Cコンポジット材
コックピット C/Cコンポジット材HANSシステム6点式シートベルト着脱シート
フロントサスペンション カーボンファイバー製プッシュロッド式ダブルウィッシュボーン
トーションスプリング&ロッカー
リアサスペンション カーボンファイバー製プルロッド式ダブルウィッシュボーン
トーションスプリング&ロッカー
トランスミッション メルセデス製リバース付8速カーボン製ギアボックス
油圧式セミオートマチック・シーケンシャル
カーボンファイバー製プレート・クラッチ
タイヤ ピレリ P Zero
ホイール Ozレーシング製鍛造マグネシウム
ブレーキ カーボンインダストリー製カーボンファイバー材ディスクブレーキ&パッド
ブレンボ製ブレーキキャリパー&
リア:ブレーキ・バイ・ワイヤ(BBW)
電気系 FIA認定 MES(マクラーレン・エレクトロニック・システムズ)製標準ECU
冷却系 未公表
ステアリング ラック・アンド・ピニオン式パワーアシスト
無線 未公表
塗装 未公表
計器類 MES製
全長 5,000mm以上
全高 2,000mm
全高 950mm
フロントトレッド 非公表
リアトレッド 非公表
重量 733 kg(ドライバー含)
前後重量配分 非公表