レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、F1ポルトガルGP決勝後のトップ3会見にてcopyright Red Bull Content Pool

フェルスタッペン、F3時代に優勝と9台抜きでの2位達成したイモラへ「鍵はセットアップ」

  • Published: Updated:

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、2020年FIA-F1世界選手権第13戦エミリア・ロマーニャGPに先立って抱負を語った。

14年ぶりのカレンダー復帰を果たしたイモラ・サーキット。フェルスタッペンは、ファン・アメルスフォールトから参戦した2014年の欧州F3時代にイモラで3レースを経験しており、その時は優勝1回、2位表彰台1回、リタイヤ1回という成績を収めている。

フェルスタッペンは前戦ポルトガルGPでメルセデス勢に続く3位フィニッシュを果たして、F1でのキャリア通算表彰台獲得回数を40に伸ばし、現在ドライバーズランキングで2位のバルテリ・ボッタスに17ポイント差の3位につけている。

マックス・フェルスタッペン鍵はセットアップ

キャリア40回目の表彰台を達成した感想は?

もちろん、表彰台の回数が増えるのは嬉しい事だけど、僕らは勝つためにここにいるわけで、僕としてはあまり数字というものに興味はないんだ。チームとしてより強くなれるよう努力し続けなきゃならないし、チームとしての目標は常にトップに立つ事にある。

イモラでのレースは2006年以来。どのような課題が考えられる?

練習走行が1回しかないから、マシンのセットアップが課題だろうね。コースはF1では珍しい反時計回りだけど、その点は特に問題にはならないだろう。

ここはコース幅が狭く、上手く使いこなす必要のある縁石が多い。ロングストレートでのトップスピードと、コーナリングで縁石をうまく攻略する事の両方を念頭に、上手く妥協点を見つけてバランスを取ることが重要になると思う。

イモラは追い抜きが困難で有名ですが、F3時代に11番手から2位フィニッシュを果たしています。F1マシンでのレースに何を期待してますか?

前回F1が開催されたのは2006年の事だから、その時とはコースが少し変わっていると思う。F3でのレースは楽しかった。特にオーバーテイクしてフィールドを駆け上がっていくのがね!

トップスピードと良いセットアップの両方が必要だけど、幾らかオーバーテイクのチャンスもあると思う。もちろんF3よりもF1の方が前のマシンに付いて走るのが難しいから、追い抜きは簡単じゃないと思うけど、予選を上手くやれれば、そもそもオーバーテイクが必要ないわけで、実際にどうなるかは本番を待つ他にないね。

とは言え、多分最高のレースになると思うよ。


エミリア・ロマーニャGPの舞台となるのは、1994年のサンマリノGPでアイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーが事故死した1周4,909m、全19コーナーを有するイモラ・サーキットだ。

F1エミリア・ロマーニャGPは2Dayフォーマットでのイベントとなり、1回目のフリー走行の後に予選が行われ、翌日に決勝レースが行われる。14年ぶりのイモラでのグランプリは、日本時間10月31日(金)18時からのフリー走行1で幕を開ける。

F1エミリア・ロマーニャGP特集