雨のニュルブルクリンク、2020年F1アイフェルGP FP1にてcopyright Red Bull Content Pool

F1アイフェルGP、濃霧のためにメディカルヘリ飛行できずFP1は中止…シューマッハのデビュー走行はお預け

  • Published:

シーズン11戦目となる2020年F1世界選手権アイフェルGPが、10月9日にニュルブルクリンクで開幕を迎えた。金曜の現地ニュルブルグは厳しい寒さの雨と濃霧に見舞われ、1回目のフリー走行は中止となった。

FP1開始時刻を迎えた現地午前11時のコンディションは気温10.9℃、路面11.7℃。辺り一帯が濃い霧に包まれたためメディカルヘリが飛行できず、レースコントロールはセッション開始のディレイを宣言した。規約はメディカルヘリが飛行出来ない状況でのセッションを禁止している。

チームとドライバーはガレージ内でコンディションの好転を待ったが、レースコントロールはセッション残り30分というところで「天候に変化はなく、このセッションでピット出口をオープンとする事はない」として、FP1の中止を発表した。

これは全てのチームにとって大きな痛手だが、グランプリデビューが予定されていたF2ドライバー達にとっては尚更だった。ミック・シューマッハはアルファロメオから、カラム・アイロットはハースからのFP1出走が予定されていた。両チーム共に、FP2ではレギュラードライバーがステアリングを握る。

アルファロメオ・レーシングC39とミック・シューマッハ、2020年F1アイフェルGPにて
© Xavi Bonilla / DPPI

2020年F1第11戦アイフェルグランプリ2回目のフリー走行は、日本時間10月9日(金)22時から1時間半の日程での開催が予定されているが、天候が回復しない場合、FP2も中止の恐れがある。

コンディション

天気
気温
10.9℃
路面温度
11.7℃

セッション概要

グランプリ名
F1アイフェルGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
ニュルブルクリンク
設立
1927年
全長
5148m
コーナー数
15
周回方向
時計回り

F1アイフェルGP特集