デイトナ・スピードウェイを走るフェルナンド・アロンソcopyright McLaren

《デイトナ24》テスト予選順位結果と動画。アロンソ、個人総合21番手でテスト締め括る

  • 最終更新:

3日間の日程で開催されたデイトナ24時間レース公式テスト”ROAR before the 24″の最終日は、2回のプラクティスと、今月末のレース週末に使用するガレージとピットの場所を決めるテスト予選が行われた。

ユナイテッド・オートスポーツから参戦しているフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は、予選で1分37秒515の個人ベストを叩き出し12番手、個人総合21番手でテストを締め括った。最速を記録したのはウェーレイン・エンジニアリング キャデラック31号車の元F1ドライバーのフェリペ・ナスル、アロンソより1.709秒速いパーソナルベストを刻み総合トップを決めた。

アロンソにとってはキャリア初のプロトタイプカー走行を経験した3日間、ランド・ノリスとフィル・ハンソンと共にオレカ23号車を共有し、計64ラップを走破した。18年マクラーレンのリザーブドライバーに就任したノリスは、アロンソに遅れること0.373秒の総合36番手、アジア・ルマン王者のハンソンはアロンソから1.281秒落ちの53番手で終えた。

ランス・ストロール(ウィリアムズ)有するジャッキー・チェンDCレーシング オレカ37号車は、かつて何度となくF1入りが囁かれたロビン・フラインスが13番手タイムを記録し23号車に続いた。ストロールは、最終プラクティスで自己ベストとなる1分37秒604を記録、個人総合24番手という結果とともにスピードウェイを後にした。

ジャッキー・チェンのもう1台、欧州の有力貴族ハプスブルク家のフェルディナント・ズヴォニミル・ハプスブルク=ロートリンゲンが乗る78号車は、マーティン・ブランドルの息子アレックスがオレカ勢最速となる1分37秒274をマークし9番手につけた。

かつてのF1ドライバー勢としては、ファン・パブロ・モントーヤが所属するチーム・ペンスキー アキュラ6号車が5番手、ブルーノ・セナのユナイテッド・オートスポーツ32号車が15番手につけた。昨年のインディ500で佐藤琢磨と熱戦を繰り広げたエリオ・カストロネベス有するアキュラ7号車は6番手という結果だった。

プロトタイプクラス テスト予選結果

POS CAR DRIVERS TEAM FASTEST
1 31 マイク・コンウェイ
フェリペ・ナスル
エリック・カラン
スチュワート・ミドルトン
Whelen Engineering
キャデラックDPi
1:35.806
2 90 トリスタン・ボーティエ
マット・マクマリー
エドワード・チーバー
Spirit of Daytona
キャデラックDPi
1:36.037
3 5 ジョアン・バルボーザ
フェリペ・アボークァキ
クリスチャン・フィッティパルディ
Mustang Sampling
キャデラックDPi
1:36.135
4 10 ライアン・ハンター=レイ
レンガー・バン・ダル・ゾンデ
ジョーダン・テイラー
コニカミノルタ DPi-V.R
キャデラックDPi
1:36.481
5 6 シモン・パジェノー
ファン・パブロ・モントーヤ
デイン・キャメロン
Team Penske
アキュラDPi
1:36.988
6 7 グラハム・レイホール
リッキー・テイラー
エリオ・カストロネベス
Team Penske
アキュラDPi
1:37.231
7 22 ニコラ・ラピエール
ヨハネス・ヴァン・オーファベック
ピッポ・デラーニ
Tequila Patron ESM
日産DPi
1:37.245
8 55 ジョナサン・ボマリート
スペンサー・ピゴット
ハリー・ティンクネル
Mazda Team Joest
マツダDPi
1:37.263
9 78 アレックス・ブランドル
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ
フェルディナント・ズヴォニミル・ハプスブルク=ロートリンゲン
ホーピン・タン
ジャッキー・チェンDCR
オレカLMP2
1:37.274
10 85 ロバート・アーロン
シモン・トルマー
オースティン・シンドリック
デブリン・デフランセスコ
JDC-Miller Motorsports
オレカLMP2
1:37.323
11 99 ミーシャ・ゴックベルグ
グスターボ・メネーゼス
ステファン・シンプソン
クリス・ミラー
JDC-Miller Motorsports
オレカLMP2
1:37.331
12 23 フェルナンド・アロンソ
フィル・ハンソン
ランド・ノリス
United Autosports
リジェLMP2
1:37.515
13 37 ロビン・フラインツ
フェリックス・ローゼン・クビスト
ランス・ストロール
ダニエル・ジュンカデラ
ジャッキー・チェンDCR
オレカLMP2
1:37.697
14 38 パトリシオ・オワード
ジェームス・フレンチ
ケイル・マッソン
Performance Tech Motorsports
オレカLMP2
1:37.707
15 32 ブルーノ・セナ
ヒューゴ・デ・サーデリア
ウィル・オーウェン
ポール・ディ・レスタ
United Autosports
リジェLMP2
1:37.779
16 2 スコット・シャープ
オリヴィエ・プラ
ライアン・ダルジール
Tequila Patron ESM
日産DPi
1:37.857
17 52 セバスチャン・サーベドラ
ロベルト・ゴンザレス
グスターボ・ヤカマン
ニコラス・ボール
AFS/PR1 Mathiasen Motorsports
リジェLMP2
1:37.905
18 20 ジョエル・ミラー
マルク・ドラムライト
ライアン・カレン
BAR1 Motorsports
Multimatic/Riley LMP2
1:39.920
19 54 ジョナサン・ベネット
ロマン・デュマ
コリン・ブラウン
ロイック・デュバル
CORE autosport
オレカLMP2
1:40.018
20 77 レネ・ラースト
Tトリスタン・ヌネス
オリバー・ジャービス
Mazda Team Joest
マツダDPi
1:42.104

2018年IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ開幕「デイトナ24時間レース」は、1月25日から28日にかけてデイトナ・インターナショナル・スピードウェイにて開催される。フェルナンド・アロンソはデイトナ24のレース結果を踏まえて、ルマン24時間レースの参戦について評価を下す。