雨のジル・ビルヌーブ・サーキットを周回するセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)、2022年6月18日F1カナダGP
Courtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

大荒れ予感の天気…F1カナダ 決勝:DAZN / フジテレビNEXT放送時間と視聴方法

  • Published: Updated:

2024年FIA-F1世界選手権第9戦カナダGP(Formula 1 Grand Prix Du Canada 2024)の決勝レースは日本時間6月10日(月)早朝3時にフォーメーションラップが開始される。タイムスケジュール並びに、「DAZN」および「フジテレビNEXT」の放送・配信日程、解説・実況陣、視聴方法をまとめる。

現地6月8日にジル・ビルヌーブ・サーキットで行われたカナダGP予選は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)と1000分の1秒まで同タイムの1分12秒000を刻んだジョージ・ラッセル(メルセデス)がキャリア2度目のポールポジションを獲得した。角田裕毅(RB)は8番手をマーク。4戦連続のQ3進出を果たした。

F1カナダGPはケベック州モントリオールのセント・ローレンス川にある人工島に作られたジル・ビルヌーブ・サーキットで行われる。地元出身の伝説的F1ドライバー、ビルヌーブの名を冠するこのコースは、長いストレートと深く切れ込んだコーナーの組み合わせが特徴の典型的なストップ・アンド・ゴー型だ。

セントローレンス川を左手にジル・ビルヌーブ・サーキットを周回する角田裕毅(RBフォーミュラ1)、2024年6月7日F1カナダGPフリー走行Courtesy Of Red Bull Content Pool

セントローレンス川を左手にジル・ビルヌーブ・サーキットを周回する角田裕毅(RBフォーミュラ1)、2024年6月7日F1カナダGPフリー走行

2024年F1カナダGP開幕前にリチームスタッフとコースを歩く角田裕毅(RB)-2024年6月6日ジル・ヴィルヌーブ・サーキットCourtesy Of Red Bull Content Pool

2024年F1カナダGP開幕前にリチームスタッフとコースを歩く角田裕毅(RB)-2024年6月6日ジル・ビルヌーブ・サーキット

タイムスケジュール

日本との時差は13時間で、日本の方が先に進む。ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットを70周する事でチャンピオンシップを争う決勝は、6月9日(日)現地14時、日本時間翌10日(月)早朝3時にスタートを迎える。

ジル・ビルヌーブ・サーキットのヘアピンを駆け抜けるメルセデスのジョージ・ラッセル、2022年6月17日F1カナダGPCourtesy Of Mercedes-Benz Grand Prix Ltd.

ジル・ビルヌーブ・サーキットのヘアピンを駆け抜けるメルセデスのジョージ・ラッセル、2022年6月17日F1カナダGP

セッション日時結果
FP1 / 現地 21日 13:30結果
FP2 / 現地 21日 17:00結果
FP3 / 現地 22日 12:30結果
予選 / 現地 22日 16:00結果
決勝 / 現地 23日 15:00TBA

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットの天気

暖かく湿った空気が流れ込んだ事で今週末のケベック州は大荒れ模様で、週末を通して不安定な状態が続くと予想されている。初日の金曜日はセッションが始まる前に雷と雹が降った。

悪天候が懸念された2日目は、FP3は終始ドライコンディション。予選のQ2で一時、小雨が降ったものの、Q3では日が差し始め、最後まで雨用タイヤの出番はなかった。

現地気象台によると日曜は午後から雨が降り始める予報で、現時点で決勝レースはレインタイヤでの走行となる可能性が高い。

2024年大会に向けて路面は全面再舗装されており、ただでさえ荒れがちな今年のカナダは例年以上にドライバーを翻弄する事になりそうだ。

雨雲が上空一面を覆うジル・ビルヌーブ・サーキットを駆け抜けるレッドブルのマックス・フェルスタッペン、2022年6月17日F1カナダGPフリー走行2Courtesy Of Red Bull Content Pool

雨雲が上空一面を覆うジル・ビルヌーブ・サーキットを駆け抜けるレッドブルのマックス・フェルスタッペン、2022年6月17日F1カナダGPフリー走行2

雨のカナダと言えば、4時間4分39秒537というF1史上最長レース記録を打ち立てた2011年だ。優勝した予選7番手のジェンソン・バトンがリードラップを刻んだのは最終ラップの僅か1周のみ。7台がリタイヤを喫する大荒れのレースとなった。

水しぶきを上げながら雨のジル・ビルヌーブ・サーキットを走行するアルファタウリのピエール・ガスリー、2022年6月18日F1カナダGPフリー走行3Courtesy Of Red Bull Content Pool

水しぶきを上げながら雨のジル・ビルヌーブ・サーキットを走行するアルファタウリのピエール・ガスリー、2022年6月18日F1カナダGPフリー走行3

DAZNの配信時間

DAZNではオンボードカメラやライブタイミングなどの多彩な情報を4画面で表示する「F1ゾーン」が合わせてライブ配信される。以下は日本時間。

カナダGP DAZN番組表
時間 カテゴリ 種別 解説
実況
コメンテーター
6月8日(土)
F1 FP1 サッシャ
浅木泰昭
F1 FP2 田中健一
サッシャ
6月9日(日)
F1 FP3 小倉茂徳
サッシャ
F1 予選 中野信治
サッシャ
6月10日(月)
F1 決勝 中野信治
サッシャ

DAZNでF1を視聴する

フジテレビNEXTの放送時間

スカパー!でフジテレビNEXTに加入するとCS放送だけでなく、加入者向けに無料付帯する「スカパー!番組配信」を通してインターネット上でライブ&見逃し配信を視聴できる。以下は日本時間。

F1カナダGP フジテレビNEXT番組表
日付 時間 種別 解説
実況
06月08日(土) FP1 浜島裕英・松田次生
塩原恒夫
FP2 浜島裕英・松田次生
塩原恒夫
06月09日(日) FP3 川井一仁・片山右京
塩原恒夫
予選 川井一仁・片山右京
塩原恒夫
06月10日(月) 決勝 川井一仁・片山右京
塩原恒夫

フジテレビNEXTでF1を視聴する

フジテレビとDAZNの比較

2024年シーズンのF1は以下の3つの有料チャンネルが生放送・ライブ配信する。地上波やBSでの無料放送はない。料金や主な特徴の比較は以下。

本家DAZN フジテレビ
NEXT
フジテレビ
NEXTsmart
チャネル ネット配信 テレビCS放送 ネット配信
月額料金 2,666~4,200円 2,409円 1,980円
初回費用 0円 0円 0円
無料お試し 加入月
見逃し配信 再放送有
放送対象 全セッション 全セッション 全セッション
録画 不可 不可
必要環境 スマホ等のネット端末 TV、アンテナ、チューナー スマホ等のネット端末
特徴 多コンテンツ
4画面表示
安心確実 安価
注意 遅延障害 要アンテナ 見逃し×

各サービスを詳しく比較したい方は「2024年版「11種のF1視聴方法」DAZNとフジテレビを料金・プランで徹底比較」を参照されたい。

良く分からないという方は、ネット配信を希望する場合はDAZN、既にCSアンテナが設置されているのであればフジテレビNEXTを選んでみては如何だろうか。

F1カナダGPのハイライト放送はある?

各放送サービス共に再放送や見逃し配信を行っているが、残念ながら地上波やBSでのハイライト放送の予定はない。

ただセッション終了後に、F1公式YouTubeチャンネルで3・4分程度のハイライト動画やドライバーインタビュー等が公開される。ただし共に英語となる。

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットのレイアウト図

ジル・ビルヌーブ・サーキット(F1カナダGP)のコースレイアウト図copyright Formula1 Data

ジル・ビルヌーブ・サーキット(F1カナダGP)のコースレイアウト図

F1カナダGPエントリーリスト

チーム ドライバー
レッドブル マックス・フェルスタッペン
セルジオ・ペレス
フェラーリ シャルル・ルクレール
カルロス・サインツ
メルセデス ルイス・ハミルトン
ジョージ・ラッセル
アルピーヌ エステバン・オコン
ピエール・ガスリー
マクラーレン ランド・ノリス
オスカー・ピアストリ
キックザウバー バルテリ・ボッタス
周冠宇
アストンマーチン フェルナンド・アロンソ
ランス・ストロール
ハース ケビン・マグヌッセン
ニコ・ヒュルケンベルグ
RBフォーミュラ1チーム 角田裕毅
ダニエル・リカルド
ウィリアムズ アレックス・アルボン
ローガン・サージェント

結果

予選

Pos No Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1 63 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:13.013 1:11.742 1:12.000 26
2 1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダRBPT 1:12.360 1:12.549 1:12.000 27
3 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:12.959 1:12.201 1:12.021 25
4 81 オスカー・ピアストリ マクラーレン・メルセデス 1:12.907 1:12.462 1:12.103 29
5 3 ダニエル・リカルド RB ホンダRBPT 1:13.240 1:12.572 1:12.178 25
6 14 フェルナンド・アロンソ アストンマーチン・メルセデス 1:13.117 1:12.635 1:12.228 23
7 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:12.851 1:11.979 1:12.280 26
8 22 角田裕毅 RB ホンダRBPT 1:12.748 1:12.303 1:12.414 24
9 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:13.088 1:12.659 1:12.701 25
10 23 アレックス・アルボン ウィリアムズ・メルセデス 1:12.896 1:12.485 1:12.796 26
11 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:13.107 1:12.691 21
12 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:13.038 1:12.728 22
13 2 ローガン・サージェント ウィリアムズ・メルセデス 1:13.063 1:12.736 22
14 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:13.217 1:12.916 16
15 10 ピエール・ガスリー アルピーヌ・ルノー 1:13.289 1:12.940 18
16 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダRBPT 1:13.326 11
17 77 バルテリ・ボッタス ザウバー・フェラーリ 1:13.366 10
18 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:13.435 11
19 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ハース・フェラーリ 1:13.978 10
20 24 周冠宇 ザウバー・フェラーリ 1:14.292 11

FP3

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:12.549 30
2 1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダRBPT 1:12.923 +0.374 31
3 63 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:12.957 +0.408 32
4 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:13.026 +0.477 26
5 81 オスカー・ピアストリ マクラーレン・メルセデス 1:13.266 +0.717 31
6 3 ダニエル・リカルド RB ホンダRBPT 1:13.279 +0.730 33
7 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:13.293 +0.744 31
8 14 フェルナンド・アロンソ アストンマーチン・メルセデス 1:13.340 +0.791 29
9 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダRBPT 1:13.342 +0.793 28
10 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:13.349 +0.800 28
11 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:13.439 +0.890 29
12 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:13.570 +1.021 33
13 77 バルテリ・ボッタス ザウバー・フェラーリ 1:13.642 +1.093 31
14 2 ローガン・サージェント ウィリアムズ・メルセデス 1:13.663 +1.114 30
15 22 角田裕毅 RB ホンダRBPT 1:13.716 +1.167 30
16 10 ピエール・ガスリー アルピーヌ・ルノー 1:13.737 +1.188 28
17 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ハース・フェラーリ 1:13.777 +1.228 26
18 23 アレックス・アルボン ウィリアムズ・メルセデス 1:13.880 +1.331 22
19 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:14.075 +1.526 30
20 24 周冠宇 ザウバー・フェラーリ 1:18.656 +6.107 4

FP2

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 14 フェルナンド・アロンソ アストンマーチン・メルセデス 1:15.810 24
2 63 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:16.273 +0.463 23
3 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:16.464 +0.654 26
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:16.556 +0.746 23
5 3 ダニエル・リカルド RB ホンダRBPT 1:16.731 +0.921 22
6 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:16.773 +0.963 14
7 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:16.908 +1.098 26
8 22 角田裕毅 RB ホンダRBPT 1:16.951 +1.141 21
9 23 アレックス・アルボン ウィリアムズ・メルセデス 1:16.977 +1.167 21
10 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダRBPT 1:17.041 +1.231 18
11 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:17.417 +1.607 30
12 2 ローガン・サージェント ウィリアムズ・メルセデス 1:17.496 +1.686 21
13 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:17.722 +1.912 26
14 77 バルテリ・ボッタス ザウバー・フェラーリ 1:17.817 +2.007 20
15 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ハース・フェラーリ 1:17.903 +2.093 19
16 81 オスカー・ピアストリ マクラーレン・メルセデス 1:19.008 +3.198 19
17 24 周冠宇 ザウバー・フェラーリ 1:19.087 +3.277 16
18 1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダRBPT 1:19.311 +3.501 4
19 10 ピエール・ガスリー アルピーヌ・ルノー 1:20.789 +4.979 25
20 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:20.843 +5.033 20

FP1

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:24.435 8
2 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:24.763 +0.328 11
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:25.306 +0.871 11
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:25.970 +1.535 11
5 1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダRBPT 1:26.502 +2.067 10
6 81 オスカー・ピアストリ マクラーレン・メルセデス 1:26.754 +2.319 7
7 10 ピエール・ガスリー アルピーヌ・ルノー 1:27.584 +3.149 8
8 77 バルテリ・ボッタス ザウバー・フェラーリ 1:27.670 +3.235 11
9 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダRBPT 1:28.058 +3.623 10
10 63 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:28.541 +4.106 9
11 3 ダニエル・リカルド RB ホンダRBPT 1:28.582 +4.147 9
12 22 角田裕毅 RB ホンダRBPT 1:28.723 +4.288 9
13 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:29.052 +4.617 8
14 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ハース・フェラーリ 1:32.826 +8.391 5
15 14 フェルナンド・アロンソ アストンマーチン・メルセデス 1:33.411 +8.976 4
16 2 ローガン・サージェント ウィリアムズ・メルセデス 1:36.586 +12.151 5
17 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:40.530 +16.095 4
18 24 周冠宇 ザウバー・フェラーリ 4
19 61 ジャック・ドゥーハン アルピーヌ・ルノー 3
20 23 アレックス・アルボン ウィリアムズ・メルセデス 4

F1カナダGP特集