IMSAおよびACO(Automobile-Club-de-l’Ouest)の新しいル・マン・デイトナ・ハイブリッド(LMDh)レギュレーションに基づいて製作された第4世代キャデラック・プロトタイプのGMデザイン・スケッチ
Courtesy Of Cadillac

キャデラック、LMDh-V.Rプロトタイプで2023年よりIMSAとWECに参戦…ル・マン総合優勝を目指す

  • Published:

ゼネラルモーターズ傘下の高級車ブランド「キャデラック」は8月24日(火)、LMDhに準拠した第4世代のVシリーズ・プロトタイプで、2023年よりIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権及びル・マン24時間レースを含むFIA世界耐久選手権(WEC)の両シリーズに参戦すると発表した。

曰く「アメリカの耐久レースで培った豊富な経験を生かして、ル・マン24時間レースでの総合優勝を目指す」との事。キャデラックに先立っては、アキュラ、アウディ、ポルシェ、BMWがLMDhカテゴリーへの参加を表明している。

キャデラックのLMDhプログラムは、アクション・エクスプレスとチップ・ガナッシ・レーシングが運営する。ただし、どのチームがどのシリーズを担当するのかは明らかにされていない。

新型キャデラックLMDh-V.Rプロトタイプは、現行のDPiクラスに代わる新たな耐久レースの最上位クラス、ル・マン・デイトナ・ハイブリッド(LMDh)仕様に準拠して設計される。2017年から2020年までデイトナ24時間レースを制し、2017-18年のIMSAタイトルを獲得した現在のDPiエントリーと同様にダラーラと提携する。

デビューは2023年1月に開催されるロレックス・デイトナ24時間レースが予定される。