F1ブラジルGP2016《予選》Top3インタビューcopyright formula1-data.com

F1ブラジルGP2016《予選》Top3インタビュー

  • 最終更新:

予選後Top3インタビュー

Q:ルイス、メルセデスにとって1年で19回目のポール・ポジションで、これは歴代最高記録ですね。予選はとてもエキサイティングなものになりました。シーズンを通してあなた方ふたりはこれ以上ないくらいハードに、互いにプッシュし合ってきたといえるでしょうか?


ルイス・ハミルトン

「正直言って毎回の予選がどうだったかについては覚えてないな。今週末はずっと強かったので予選もかなり良かったよ。ニコが少しずつ早くなってきたけど、抑えることができた。今回チームが成し得たこと、そしてチームのために僕らが成し得たことは驚異的だよ。たくさんのポールを獲得するということは、みんながどれだけ素晴らしいチームワークを発揮したのかという証明であり、望んていた最高の結果さ。僕にとってはブラジルで二回目のポールだね。毎回苦戦するサーキットだからポールが取れて本当にうれしいよ。」

Q:ニコ、無線で「トラクションが良くない」と言っていましたね。差はとても僅かでした。あなたは可能な限り激しくお互いに攻め合ってきたと感じていますか?


ニコ・ロズベルグ

「そうだね、白熱した予選だったよ。僅差だったからね。最後のアタックでルイスは僕よりも僅かに速かったけど、僕のラップも同じくらい良かったよ。ただ十分ではなかったし少しミスをしてしまった。でも、今年見てきたように予選1番手が決勝で勝つわけではないので問題ないよ。明日に関しては楽観的さ。勝ちに行くつもりだよ。」

Q:ルイス、明日は雨の予報がでています。あなたには、2008年の素晴らしい思い出がありますね。それはめぐり合わせのようなものでしたが、明日の決勝レースでもそのようなことを期待しますか?


ルイス・ハミルトン

「特に気にしてないよ。どうであろうと準備はできてるからね。」

Q:ニコ、あなたはどうですか?雨になると失うものが大きいと感じていますか?


ニコ・ロズベルグ

「いや、今のところそんな風には考えてないよ。何が起ころうとも明日のレースが楽しみだし、僕らには最高のマシンがあるからね。ドライだろうがウェットだろうが、エキサイティングなものになると思うよ。」

Q:お二方どうもありがとう。さてキミ、ここで会えて嬉しいです。予選中の多くでフェルスタッペンが3位に位置していましたが、最終的にはあなたが取り返しました。


キミ・ライコネン

「予選全体に渡ってセクター2で苦労していたんだ。正直言って最後のラップはごくごく平均的なものだったよ。まあ3位を取るには十分だったけど。ここではメルセデスがかなり速いよね。タイヤが温まっていなくて最初の2つのコーナーで苦しんだよ。セクター2でもそうだったし最高とは言えないね。それでも十分なタイムだったから気にしてはいないし、明日何ができるのか見てみるつもりだよ。」

F1ブラジルGP特集