2021年F1バーレーンGPのFP2でクラッシュを喫したアルファロメオのキミ・ライコネンcopyright FORMULA 1

F1バーレーンGP《初日》ハイライト動画:怒鳴る角田裕毅と事故るライコネン、フェルスタッペン最速オンボード映像も

  • Published: Updated:

2021年シーズンのF1世界選手権第1戦バーレーンGPの初日プラクティスが3月26日(金)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで計2時間に渡って行われた。

各セッションの”美味しい”ところのみを編集したハイライト動画を紹介する。タイムシートとしては、優勝最有力と見なされるレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2回のセッションで共に全体ベストを刻んだ。

F1バーレーンGP フリー走行2

日没後、人工照明が路面を照らす中で行われた2回目のフリー走行開始直後には、キミ・ライコネン(アルファロメオ)が今シーズン第一号となるクラッシュを喫しバリアに激突。フロントエンドを大きく破損した。

F1公式編集の2分30秒のハイライト動画は以下。

2021年F1バーレーンGPのFP2でクラッシュを喫したアルファロメオのキミ・ライコネン

フェルスタッペンがファステストラップをマークした際のオンボード映像は以下。

2021年F1バーレーンGP初日セッションでのレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンのファステストラップを収めたオンボード映像copyright FORMULA 1

2021年F1バーレーンGP初日セッションでのレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンのファステストラップを収めたオンボード映像

セッションの詳細と順位結果は、F1バーレーンGP《FP2》結果とダイジェストを参照されたい。

F1バーレーンGP フリー走行1

日中に行われた現地14時30分からのFP1。セクター1・2のファステストをフェルスタッペンが、セクター3を総合6番手に付けた新加入のセルジオ・ペレスが記録。レッドブル・ホンダがパフォーマンスの高さを見せつけた。

角田裕毅はアタックラップの最終コーナーで他者に妨害されたとして、無線で怒りをぶちまける場面もあった。

F1公式編集の3分39秒のハイライト動画は以下。

走行を妨害されたとして他車への怒りをぶちまけるアルファタウリ・ホンダの角田裕毅、2021年F1バーレーンGPのFP1にて

セッションの詳細と順位結果は、F1バーレーンGP《FP1》結果とダイジェストを参照されたい。

F1バーレーンGP特集