“ホンダ F1”13年ぶりの勝利を特集する『auto sport 8/2号 No.1511』

売切れ間近…ホンダF1、復帰後初の”伝説の一勝”を特集する「auto sport」最新号

  • 最終更新:

株式会社三栄は7月19日、ホンダF1の13年ぶりの勝利を特集した永久保存版「auto sport(オートスポーツ)8/2号 No.1511」を発売。その表紙には「ホンダF1 伝説の一勝」の文字が堂々と輝く。永久保存版とあって、既にネット書店での在庫がなくなりかけている。

ハイブリッド・ターボ導入の翌年にF1に復帰したホンダは、2019年のFIA F1世界選手権第9戦オーストリアGPで、レッドブル・レーシングと共に13年ぶりとなる歴史的勝利を挙げた。第四期F1活動開始から5年目。念願の復帰後初勝利となった。

本誌では、2015年のF1復帰以降、信頼性とパフォーマンス不足に苦しむホンダへと向けられた残酷な言葉の数々を取り上げつつ、「4年以上、負けっぱなし」であった理由を技術的な側面から検証。マックス・フェルスタッペンがホンダに復帰後初優勝を捧げた一戦については「実録:本能のラスト25周」と第して、深掘りする。

以下、出版社からの本誌紹介。

開発総責任者が語る“鈴鹿スペシャル”

“ホンダ F1”13年ぶりの勝利を特集する『auto sport 8/2号 No.1511』

ホンダ製パワーユニットの開発総責任者である浅木泰昭氏にインタビュー。「現在の開発体制・方針」から、「最新PUに注がれているホンダ・ジェットの技術」まで、決してひとつではないその勝因。来たる日本GP向けた“鈴鹿スペシャルPU”のことも。

[検証]なぜホンダは負け続けたか?

“ホンダ F1”13年ぶりの勝利を特集する『auto sport 8/2号 No.1511』

裏を返すと「4年以上、 負けっぱなし」だったこともまた事実。「なぜこれまで勝てなかったのか?」を技術的な側面から検証。

“ホンダ F1”13年ぶりの勝利を特集する『auto sport 8/2号 No.1511』

世界が叫んだ“ラスト25周”の真実

“ホンダ F1”13年ぶりの勝利を特集する『auto sport 8/2号 No.1511』

開幕から「メルセデス一強」状態だった今季のF1の流れを変えたマックス・フェルスタッペン。編集部がとくに注目したのは、このレースのラスト25周。そこにはドライバー、現場エンジニア、そして“遠く離れた場所”で戦う技術者たちの本能が凝縮していた。

“ホンダ F1”13年ぶりの勝利を特集する『auto sport 8/2号 No.1511』

ホンダに投げかけられた悪態の数々

“ホンダ F1”13年ぶりの勝利を特集する『auto sport 8/2号 No.1511』

2015年のF1復帰以降、ホンダに向けられた残酷な言葉の数々。

F1界が憧れるラスト・サムライ

“ホンダ F1”13年ぶりの勝利を特集する『auto sport 8/2号 No.1511』

ホンダにとって13年ぶりとなる優勝には、ある日本人エンジニアの存在が欠かせなかった。その人物とは、2018年から最前線で指揮を執る田辺豊治F1テクニカルディレクター。世界に誇れる日本人の人間性に迫る。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る