ウィリアムズのロバート・クビサ、2019年F1ドイツGPにてcopyright Williams Racing

2020年に向けたロバート・クビサを巡る獲得競争、アルファロメオF1が一歩リードか?

  • 最終更新:

今季限りでF1を去ったロバート・クビサを巡る獲得競争が過熱している。経験豊富なロバート・クビサを開発ドライバーとして起用すべく、ハースF1チームとレーシング・ポイントが手を上げる中、アルファロメオがこの争いに参戦。RaceFansは、契約を手にする可能性が最も高いのはアルファロメオで、交渉は最終局面を迎えていると報じた。

報道によると、ロバート・クビサのマネージャーを務めるアレッサンドロ・アルンニ・ブラヴィが、アルファロメオとの橋渡し役を演じたという。ブラヴィはアルファロメオF1チームの運営母体であるザウバーの持株会社、イスレロ・インベストメント(Islero Investments)の役員を務めており、クビサは2006年から2009年にかけて、BMWザウバーに籍を置いていた。

ロバート・クビサ本人は2020年について、レース活動が第一優先事項だとしており、DTMドイツ・ツーリングカー選手権への参戦が濃厚とみられているが、他方、クビサを支援するポーランドの石油大手PKNオルレンは、F1との関係継続を求めており、開発ドライバーを巡る交渉はスポンサーの意向によるものとみられている。

報じられたとこによれば、アルファロメオとの契約には開発ドライバーとしての職務の他に、リニューアルされるシミュレーターの開発支援が含まれているという。ロバート・クビサはF1復帰を目指してウィリアムズとルノーでテストする以前の2013年に、メルセデスのF1シミュレーターを秘密裏に何度もドライブしており、その道における経験も抱負だ。

アルファロメオは、2020年シーズンもキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのラインナップを継続する。仮にクビサがアルファロメオ入りを果たした場合、2008年のF1チャンピオンシップにおいて、全くの同一ポイントとなったクビサとライコネンが、同じチームメンバーとして協力し合うことになる。