2019年F1アブダビGP予選ハイライト動画

動画:F1アブダビGP《予選》ハイライト / シャルル・ルクレール、時間切れで計測出来ず

  • 最終更新:

フォーミュラ1公式Youtubeアカウントが、11月30日土曜に行われた2019年F1アブダビGP公式予選の模様を収めた6分37秒のハイライト動画を公開した。ポールポジションは、メルセデスのルイス・ハミルトン。シルバーアローの牙城で、7月のホッケンハイムリンク以来となる4ヶ月ぶりのポールを手にした。

F1アブダビGP 予選ダイジェスト

予選Q1開始早々、一発目のアタックラップに向かったセバスチャン・ベッテルがホームストレートでスピンを喫した。F1最後の予選に臨んだロバート・クビサは20番手。21戦全てでチームメイトのジョージ・ラッセルに破れる結果となった。

Q2では、レッドブル・ホンダとレーシングポイントの超接戦が勃発。11番手から14番手に両チームが入れ違いに並び、僅か1000分の86秒の間に4台がひしめいた。レッドブル・ホンダとメルセデスの計4台に加えて、フェラーリのシャルル・ルクレールがミディアムタイヤでQ3へと駒を進めた。

Q3では、ルイス・ハミルトンが2度のラップで自己ベスト更新を連発。王者たる所以を見せつけた。トラックエボリューションの恩恵を最大限に得ようとしたシャルル・ルクレールは、トラフィックに阻まれ時間切れ。最終アタックに参加できなかった。

2019年F1アブダビGP予選ハイライト動画

F1アブダビGP特集