特別カラーのマクラーレンMCL33をドライブするフェルナンド・アロンソ、F1アブダビGP 2018年11月24日copyright Mclaren

フェルナンド・アロンソ、対チームメイト予選成績全勝を達成…2008年以来の快挙 / F1アブダビGP《予選》2018

  • 最終更新:

マクラーレンF1チームのフェルナンド・アロンソは、24日のシーズン最終アブダビGP予選で見事Q2進出を果たし15番手を獲得。18番手に終わったストフェル・バンドーンをまたも打ち砕き、今シーズンの全21戦全てでチームメイトを上回る予選成績を上げた。

シーズン全ての予選でチームメイトを上回ったのは自身が2008年に記録して以来。ルノー時代、アロンソはネルソン・ピケ・ジュニアに対して対チームメイト予選成績全勝を上げた。スポーティング・ディレクターのジル・ド・フェランは「魔法のよう」とアロンソの走りを褒め称えた。

今季対チームメイト予選成績で全勝を達成

フェルナンド・アロンソ予選: 14位, FP3: 16位

今週末は常に競争力が足らない状態だったから、Q2に進めるチャンスがあるとは全く予想してなかったよ。良い意味で驚いた。予選ではかなり攻めたし感触も良かった。ポイント圏内まで後5つというポジションからのスタートだから、前の連中に何か起これば面白くなりそうだ。

純粋なペースという面では僕らは上位10台に入ってないけど、レースでは何が起こるか分からない。今週末はコックピットに座っていない時に色んな感情が吹き出し、今までの様々な素晴らしい思い出が脳裏をよぎるんだ。明日は、これがF1での最後のレースだって想いでヘルメットを被ってステアリングを握るつもりだ。最後のドライブを楽しんでベストを尽くすよ。


ポールポジションはメルセデスのルイス・ハミルトン。2番手は僚友バルテリ・ボッタス。3番手はスクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルという結果となった。

2018年F1第21戦アブダビグランプリ決勝レースは、日本時間11月24日(日)22時10分から行われ、1周5,554mのヤス・マリーナ・サーキットを55周する事で勝敗を争う。

F1アブダビGP特集