F1解説でお馴染みの森脇基恭氏copyright A1市街地レースクラブ

日本初の公道レース「A1市街地グランプリ GOTSU 2020」F1解説の森脇氏迎えYouTubeでライブ配信

  • Published:

2020年9月20日(日)に開催予定の日本初の公道レース「A1市街地グランプリ GOTSU 2020」が、島根県ケーブルテレビ協議会ネットワークを通じて完全生中継されると共に、YouTubeで無料ライブ配信される事が決まった。

レース解説には、フジテレビNEXTのF1解説でお馴染みの森脇基恭氏が登場する。難解な用語を使わず、平易な言葉による解説で定評がある森脇氏は、2013年の市街地レースグランプリの構想開始当時からコース設計及び安全対策のアドバイザーとして、A1市街地グランプリの実現を支えてきた。

大会を主催するA1市街地グランプリ江津大会実行委員会は森脇氏について「1970年代のF1日本GP開催および日本におけるモータースポーツの発展に大きく貢献した第一人者」であるとして「この大会は森脇さんの協力なしでは実現することができませんでした。1970年代に森脇さんが成功に導いたF1日本GPから約半世紀が経ったこの2020年、日本で初めて開催される公道レースの裏にも森脇さんがいます」とのコメントを寄せた。

GOSTU2020はレンタルカートを競技車両として採用することで、日本初となる市街地レース開催への道筋を切り開いた。第1回大会の開催地となる島根県江津市は、人口2万4千人の地方都市で、イベントは江津駅前の複合施設「パレットごうつ」を中心とした約778mの特設サーキットで開催される。コースには国道、県道、市道を使用され、12台のマシンによるスプリントレースが行われる予定となっている。

A1市街地グランプリGOTSU 2020 コース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、来場者が地域住民と関係者400名のみに限定されるなど、規模を縮小しての開催となったものの、地元の石見ケーブルテレビジョンを中心とした島根県ケーブルテレビ協議会ネットワークの協力を経て、島根県全域での生中継およびYouTubeライブ配信が実現した。

YouTube Liveは石見ケーブルビジョン公式チャンネルにて、2020年9月20日(日)12時~13時30分に配信される。