マッティア・ビノットcopyright GEPA pictures/Red Bull Content Pool

マッティア・ビノット

  • 最終更新:

人物データ

名前
マッティア・ビノット / Mattia Binotto
国籍
スイス
出身地
ローザンヌ
生年月日
1969年11月03日 / 50歳

マッティア・ビノット(Mattia Binotto)は、1969年11月3日スイス・ローザンヌ生まれのF1エンジニア。1995年にテストエンジン・エンジニアとしてスクーデリア・フェラーリに入社、同チームの最高技術責任者(CTO)を務めた後、2019年1月7日にマウリツィオ・アリバベーネの後任としてチーム代表就任が発表された。

1994年にローザンヌ工科大学で機械工学を卒業後、イタリアで最も古い大学の一つであるモデナ・レッジョ・エミリア大学で自動車工学の修士課程を修了した。1995年にスクーデリアのテストチームに参画した後、1997年から2003年にかけてレースチーム部門に加入。ミハエル・シューマッハの栄光の時代を支えた。

2004年にはレースエンジン・エンジニアに昇格、2007年には主任技術者(チーフエンジニア)に抜擢され、レース、エンジン組立の責任者を務めた。2009年にはエンジン部門とKERS部門のトップに、2013年10月にはエンジン及びエレクトロニクス部門の副代表に就任、1.6リッターV6パワーユニット開発を主導した。

2016年7月27日、メルセデスへ移籍したジェームズ・アリソンの後任として、フェラーリF1チームの最高技術責任者に就任。翌17年と18年のパフォーマンス向上に大きな役割を果たし、2019年にチーム代表の座に上り詰めた。