レーシングポイントのテクニカル・ディレクターを務めるアンドリュー・グリーン

アンドリュー・グリーン

  • 最終更新:

人物データ

名前
アンドリュー・グリーン / Andrew Green
国籍
イギリス
居住地
イギリス
生年月日
1965年06月14日 / 54歳

アンドリュー・グリーン(Andrew Green)は、1965年6月14日生まれのイギリス人F1エンジニア。2011年以降、フォース・インディアF1チームの技術部門を率いるテクニカル・ディレクターを務めており、2018年の買収によってチーム名がレーシングポイントと変更された後も、同職を務めている。

大学で機械工学を専攻後の1987年、F3000のレイナードに入社しモータースポーツのキャリアをスタートさせた。1991年、レイナードでマシンデザインを手掛けていたゲイリー・アンダーソンについて行く形で、F1参戦初年度のジョーダンに入社。

ジョーダンでルーベンス・バリチェロやラルフ・シューマッハのレースエンジニアとして活躍した後、1998年にBARに移籍。マシンデザインのチーフに就任したが、優れたマシンを生み出す事は出来なかった。レッドブル、バージン・レーシングと渡り歩いた後、2010年のシーズン途中でフォース・インディアに移籍した。