ピットストップ練習を行うウィリアムズのメカニックとランス・ストロールcopyright Andy Hone/Williams F1

ウィリアムズに罰金320万円、F1メキシコGPでランス・ストロールをアンセーフ・リリース

  • 最終更新:

F1メキシコGPのレーススチュワードは、ランス・ストロールがピットアウトする際に安全確認を怠ったとして、ウィリアムズに対して2万5000ユーロ、日本円にして約319万円の罰金を科す裁定を下した。

2018年F1第19戦メキシコGP決勝レースでウィリアムズは、タイヤ交換のためにピットインしたストロールに対して、安全を確保する前にコースアウトを指示。結果としてメカニックの一人が危うく轢かれる危険なシーンがあった。

第2戦バーレーンGPでは、フェラーリが同様のアンセーフ・リリースによってメカニックを負傷させており、その際には罰金5万ユーロが科せられた。負傷したメカニックは、腓骨(ひこつ)と脛骨(けいこつ)を骨折。バーレーンのBDF病院で緊急手術を強いられた。

スチュワードは映像証拠とチーム関係者からの事情聴取を行い、「チームにはクルマをコース上に送り出す際に、全ての人員の安全を確保する義務がある」としてウィリアムズの過失を認定した。

F1メキシコGP特集