ウィリアムズ・レーシングとポノスのロゴ

ウィリアムズF1、京都のスマホ向けゲーム会社「ポノス」とのスポンサー契約を発表

  • 最終更新:

ウィリアムズ・レーシングはF1アメリカGP開幕を翌日に控えた10月31日、ポノス株式会社と2020年シーズンのスポンサー契約を締結した事を発表した。これに伴い、第19戦アメリカGPより、FW42のバージボードに「PONOS」ロゴがペイントされる他、チームキットやデジタルコンテンツなどにロゴが掲載される。

京都府京都市に本社を構えるポノスは、1990年の創業以来、一貫してゲーム開発に従事。現在はスマートデバイス向けのオリジナルゲーム開発を核に事業を展開しており、同社の代表作「にゃんこ大戦争」は、累計ダウンロード数4,700万回を超える大ヒットを記録している。

今回のスポンサー契約について、ポノスの辻子依旦代表取締役は、F1への想いを次の様に語った。

「私は子供の頃からモータースポーツにのめりこみ、F1に大きな憧れを抱いておりました。そしてそこには必ずウィリアムズレーシングの存在がありました。ファンの心を揺さぶり感動と大きな夢を与え続けるウィリアムズレーシングが築き上げてこられた栄光の歴史に、私は深い感銘を受けております」

「今回ウィリアムズレーシングとのパートナーシップを決断した理由は、私がウィリアムズレーシングの栄光を目にして感じた夢や希望、興奮を、世界中の皆様にもぜひ感じて頂きたい…そんな想いに駆られたからです。それは、 PONOSが創るゲームによって、みなさんを笑顔にし、前向きな気持ちを持っていただき、夢の創出に貢献するエンターテイメントの可能性を追求し続ける我々のビジョンにも繋がると考えています」

F1アメリカGP特集