ウィリアムズとアクロニスが技術提携copyright Acronis

ウィリアムズF1、アクロニスとの技術提携を発表

  • 最終更新:

ウィリアムズ・マルティーニ・レーシングは2月13日、スイス・シャフハウゼンに本社を置く多国籍IT企業「ACRONIS(アクロニス)」との技術提携を発表した。アクロニスは、WindowsやMac等の各種OSにおいて、仮想マシン用のデータバックアップ・ディスク管理ソフトウェアを開発・販売しており、ウィリアムズにこれら革新的なデータ保護ソリューションを提供する。

F1は最先端技術の見本市のようなスポーツであり、レース週末のF1チームは何百ギガバイトもの膨大な量のテレメトリデータを収集し、ファクトリーではエンジニアリングとテストに関するテラバイト級のデータを処理する必要がある。データドリブンによる意思決定能力は、レース勝敗を大きく分ける。

アクロニスからの技術供与によって、F1で求められるセキュリティ要件とスケーラビリティを確保しつつ、増大するデータ処理を効率的に進めていく事が可能となる。同社が持つ「Acronis Backup」は、近年急速に被害を拡大させているコンピュータウィルスの一種「ランサムウェア」に対する人工知能防御技術が組み込まれている。

クレア・ウィリアムズ副代表は、ウィリアムズが技術中心に成り立っている組織であることに触れ、データ保護の重要性を強調する。

「技術革新はウィリアムズの中核をなしており、それ故データ保護は極めて重要です。アクロニス社が提供するバックアップ、障害復旧、セキュアなファイル同期等のソリューションによって、ウィリアムズのオンプレミスおよびクラウド上のデータは保護される事になります」