FIA世界耐久選手権(WEC)2019-20年シーズン第4戦バーレーン8時間スタート直後のホームストレートの様子copyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

WEC最終バーレーン:トヨタ TS050 HYBRID ラストラン…タイトルの行方は?僚友7号車の優位を予想する中嶋一貴

  • Published:

2019-2020年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)の最終第8戦、バーレーン8時間レースが11月12日(木)から14日(土)の3日間に渡ってバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される。

TOYOTA GAZOO Racingにとってはシーズン最終戦というだけでなく、ル・マン24時間レース3連覇を果たしたTS050 HYBRIDでのラストランでもある。今週末を終えると、TS050 HYBRIDはレースカーとしての役目を終えて、来季参戦予定のハイパーカー・カテゴリーの新規定に則った新たなレースカーへバトンを渡す事になる。

2020年ル・マン24時間レースでトップチェッカーを受けるトヨタ TS050 HYBRID 8号車
© TOYOTA MOTOR CORPORATION

2016年のデビュー以来、TS050 HYBRIDは33戦に参戦して、優勝18回、ポールポジション15回、ファステストラップ14回を記録。2018-2019年シーズン及び、2019-2020年シーズンのタイトルを勝ち取り、ル・マンのコースレコードをも樹立した。村田久武チーム代表は「我々はこのTS050 HYBRIDと共に、悔しさも喜びも経験しながら数々のレースで結果を残してきました。その歴史が終わってしまうことをチーム全員が寂しく感じています」とこぼす。

ドライバーズタイトルはトヨタチーム内の2台による一騎打ちだ。

先月のル・マン24時間レースを制したトヨタ8号車を駆るディフェンディング・チャンピオンのセバスチャン・ブエミと中嶋一貴にブレンドン・ハートレーを加えた3名が、7ポイント差でランキング首位につけており、7号車のマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスは逆転王座を狙う事になる。

バーレーンでは両車共にサクセス・ハンディキャップが課されるものの、ハンデの程度はランキングに基づき計算されるため、7号車は8号車よりも有利な状況でレースに臨む事になる。中嶋一貴は「8号車が勝つのは難しいとは思いますが、決して諦めることなく最後まで全力で戦うつもりです」と僚友7号車の優位を予想する。

対して、追う立場にある7号車の小林可夢偉は「TS050 HYBRID、そしてLMP1というカテゴリーでの最後のレースを楽しみたいと思っています」と意気込む。

「サクセス・ハンディキャップによって僕らは僅かに有利な立場となりますが、2台による良いバトルが期待できると思っています」

「7号車、8号車共にチャンピオンを狙っていますので、お互いに限界での戦いになると思います。勝った方がチャンピオンですが、もちろんそれは簡単なことではありません。8時間はとても長いですし、最後までトラブルが無いよう、クリーンなレースをしていく必要があります」

トヨタとしては2019年12月に行われた今季第4戦バーレーンで1-2フィニッシュを飾っており、3連続優勝を目指す事になる。チームは今回、7号車、8号車共にハイ・ダウンフォース仕様のパッケージを持ち込むが、このスペックは2月のオースティンのものと同一との事だ。

今週末はタイムテーブルが短縮されており、初日木曜は午後にプラクティスセッションが1回、金曜日は2度の練習走行を経て予選が行われる忙しいレースウィークとなる。決勝レースはスパやル・マン同様に無観客で行われる。スタートは現地14日(土)午後2時で、8時間後の闇夜の中でチェッカーが振られる。

WEC第8戦バーレーンは、J Sportsがテレビ放映を担当。11月14日(土)19時30分から翌朝5時30分まで生中継を行う。視聴には「スカパー!」か、ケーブルテレビの「ひかりTV」「J:COM」との契約が必要。スカパーの場合は商品名「J SPORTS 1+2+3+4」が2,286円(税抜)と最も安く上がる。これに基本料金390円(税抜)を加えた2676円(税抜)が1ヶ月間の視聴料となるが、加入月は支払いゼロ円のキャンペーンが適用される。

スカパー!