セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールにより行われた2021年のアストンマーチンF1「ARM21」のシェイクダウン、2021年3月4日シルバーストン・サーキットにて (3)Courtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

アストンマーチンF1、61年ぶりの走行…ベッテルとストロールが新車「ARM21」をシェイクダウン

  • Published: Updated:

アストンマーチンF1チームは3月4日(木)、ファクトリー脇の英国シルバーストン・サーキットに2021年型F1マシン「ARM21」を持ち込み、システム動作確認のためのシェイクダウンを実施した。

ウェットコンディションの中、フィルミングデーを使用して行われたこの日の走行では、セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールがピレリのデモ用タイヤを装着して規約上限の100kmを走り重ねた。

セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールにより行われた2021年のアストンマーチンF1「ARM21」のシェイクダウン、2021年3月4日シルバーストン・サーキットにて (2)Courtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールにより行われた2021年のアストンマーチンF1「ARM21」のシェイクダウン、2021年3月4日シルバーストン・サーキットにて (2)

セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールにより行われた2021年のアストンマーチンF1「ARM21」のシェイクダウン、2021年3月4日シルバーストン・サーキットにて (5)Courtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールにより行われた2021年のアストンマーチンF1「ARM21」のシェイクダウン、2021年3月4日シルバーストン・サーキットにて (5)

フロントエンドに大きな変更は見られないが、サスペンションを含む「ARM21」のリヤエンドは2020年型のメルセデス製へとアップグレードされ、エンジンカバーの”セクシーな膨らみ”が、昨年以上に突き詰められた印象を与える。

光沢のブリティッシュグリーンはスタジオショットで見るよりも彩度が低くシックな装いで、補色関係にあるBWTのマゼンタスプラッシュがかなり目立つ。

4度のF1ワールドチャンピオンがフェラーリ以外のF1マシンを駆ったのは、ルノーエンジン搭載のレッドブル「RB10」でチャンピオンシップを戦った2014年以来初めてで、自身初となるメルセデス製F1パワーユニットの感触を楽しんだ。

更に、アストンマーティンが最後にF1プログラムでの走行を行ったのは、ロイ・サルヴァドーリとモーリス・トランティニアンがDBR5をドライブした1960年第7戦F1イギリスGP以来と、英国ラグジュアリーブランドにとっては実に61年ぶりの実地走行となった。

アストンマーチン「DBR5」を駆るロイ・サルヴァドーリ、1960年F1イギリスGPにてCourtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

アストンマーチン「DBR5」を駆るロイ・サルヴァドーリ、1960年F1イギリスGPにて

チームはこの後、来週3月12-14日にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催されるF1公式プレシーズンテストに向けて準備を進める。

セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールにより行われた2021年のアストンマーチンF1「ARM21」のシェイクダウン、2021年3月4日シルバーストン・サーキットにて (4)Courtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールにより行われた2021年のアストンマーチンF1「ARM21」のシェイクダウン、2021年3月4日シルバーストン・サーキットにて (4)

セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールにより行われた2021年のアストンマーチンF1「ARM21」のシェイクダウン、2021年3月4日シルバーストン・サーキットにて (1)Courtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールにより行われた2021年のアストンマーチンF1「ARM21」のシェイクダウン、2021年3月4日シルバーストン・サーキットにて (1)