ホンダF1の田辺豊治テクニカル・ディレクターcopyright Honda

ホンダF1「COTAはエンジントルクが重要、アクセル開度に合わせたERSの最適化が肝」F1アメリカGP《preview》2018

  • 最終更新:

ホンダF1の現場統括責任者を務める田辺豊治テクニカル・ディレクターが、2018年FIA F1世界選手権第18戦アメリカGPに先立って抱負を語った。

米国・テキサス州オースティンに位置するCOTA=サーキット・オブ・ジ・アメリカズ。ブレンドン・ハートレーにとっては1年前にグランプリデビューを飾った思い出深い場所であり、ピエール・ガスリーにとっては初挑戦のコースとなる。

坂を上りながらタイトなヘアピンへと進入するターン1が象徴的であるように、低速コーナーからの加速が重要となるコーナーが多く、エンジントルクとトラクションがその後に続くワインディングやロングストレートでのスピードに大きく影響する。

アクセル開度に合わせたERSの最適化が肝

田辺 豊治ホンダF1現場責任者

非常に多忙ながらも充実していた鈴鹿での母国グランプリを終え、次は米国とメキシコでの連戦に向かいます。USグランプリには熱心なアメリカのファンが作り出す独特な雰囲気があり、トラックレイアウトはユニークで、オースティンの街は賑やかという事で、多くのドライバーや関係者が楽しみにしているレースです。

レースが行われるサーキット・オブ・ジ・アメリカズは、1コーナーまでの急勾配に代表されるように、起伏が多い地形に低速、中速、高速セクションが配されたテクニカルなサーキットです。昨年のレースでは合計43回のオーバーテイクが起こるなど、例年エキサイティングなレースが展開されます。

予選や決勝に向け、さまざまに配置されたコーナーに合わせて車体設定が進むため、パワーユニット(PU)としてもアクセルの全開状況などに合わせたエネルギーマネージメントの調整を進める必要があります。私個人としては、昨年までのインディプロジェクトで長い時間を過ごしていましたので、多くの友人や仲間が住む米国に、今年はF1チームの一員として戻れることを非常に楽しみにしています。


昨年のグランプリではルイス・ハミルトンが優勝し、メルセデスが4年連続のコンストラクターズタイトルを手に入れた。2位はセバスチャン・ベッテル、3位にはキミ・ライコネンという結果だった。

F1アメリカGPは日本時間2018年10月20日(土)0時からのフリー走行1で幕を開ける。

F1アメリカGP特集