スーパーフォーミュラ富士スピードウェイ決勝レーススタート時の様子copyright Japan Race Promotion Inc

2018 スーパーフォーミュラ第4戦富士スピードウェイが7月7日に開幕、決勝はBSフジが無料生中継

  • 最終更新:

全日本スーパーフォーミュラ第4戦が7月7日(土)~8日(日)にかけて富士スピードウェイ・レーシングコースにて開催される。トヨタのお膝元で行われる今大会は、ノックアウト方式による予選を経て、1周4.563kmのコースを55周する事で勝敗を争う。

第4戦が行なわれる富士スピードウェイは、国内最長を誇るメインストレートと連続テクニカルコーナーから構成される。最高速重視でダウンフォースと空気抵抗を減らすのか、コーナースピード重視でダウンフォースを増やすのか、セットアップの腕が問われる。

今季2勝でランキング2位につけているニック・キャシディ(コンドー レーシング)と、これに10ポイントの大差をつけランキング首位を走る山本とのバトルに注目が集まる。開幕戦とSUGO大会の2大会で着実にポイントを獲得している野尻智紀と中嶋一貴のレース運びも目が離せない。

今大会もピエトロ・フィッティパルディ(ウオモ スノコ チーム ルマン)が欠場のため、トム・ディルマン(ウオモ スノコ チーム ルマン) が代役を務める。福住仁嶺(チーム・ムゲン)の代役ダニエル・ティクトゥムの走りにも期待がかかる。

決勝レースはBSフジにて7月8日(日) 14:00から生中継される。またHondaウエルカムプラザ青山でのパブリック・ビューイングの開催も予定されている。大会会期中には、シェイクダウンが終わったばかりの新型車両「SF19」がピットエリアで一般公開される他、8日(日)には、野尻智紀のドライブによる「SF19」デモ走行が行われる。