衝突時の頸椎損傷・頭蓋底損傷を防止するためのHANSデバイスcopyright Glenn Dunbar/Williams

HANSの生みの親、ロバート・ハバード博士が死去…モータースポーツの安全向上に多大な功績

  • 最終更新:

頭部保護デバイス「HANS (Head and neck Support) 」の生みの親であり、モータースポーツの安全向上に多大な功績を残したロバート・ハバード博士が、2月5日火曜にこの世を去った。享年75歳。

HANSデバイスは頭部を拘束することで前後方向からのダメージを軽減し、クラッシュなどの衝突時に頸髄損傷を防ぐ画期的な安全装置で、1985年に当時ミシガン州立大学の教授を務めていたロバート・ハーバード博士らによって発明された。

1990年に商品化されると、アメリカン・モータースポーツを中心に様々なシリーズで採用が加速。2001年にCART、そして2009年にはFIA国際自動車連盟管轄のすべてのレースカテゴリーでHANS着用が義務付けられる事となり、ヘルメットと並んでモータースポーツに必要不可欠なデバイスの一つとなった。

HANSをつけレースに備えるトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー、2018年F1ロシアGPにて
© Honda、HANSを着用するトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー、2018年F1ロシアGPにて

F1においては、アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーが亡くなった1994年のサンマリノGPの悲劇を受けて安全性への関心が高まり、翌年にゲルハルト・ベルガーがフェラーリでHANSをテスト。その後、広範なテストを繰り返し、2003年に正式採用された。