レーシングポイントF1チームの2019年F1マシンcopyright Racing Point

レーシングポイント、2019年のF1マシン「RP19」を発表!SportPesaと冠スポンサー契約を締結

  • 最終更新:

レーシングポイントF1チーム(Racing Point F1 Team)は2月13日(水)、カナダ・トロント国際自動車ショーの中でローンチイベントを開催し、2019年のFIA F1世界選手権に投入する新車「RP19」のカラーリングを発表。ピンクとブルーに彩られた車体がお披露目された。

また、ニューマシンの発表とともに、ケニアのPevans East Africa社が運営するオンラインブックメーカー「SportPesa」と2年間のタイトルスポンサー契約を締結した事が明らかにされた。これによりチームは「SportsPesa Racing Point F1 Team(スポルペーザ・レーシングポイントF1チーム)」を名乗る。噂では、スポンサー料は2年で1800万ドル(約19億9400億円)だとされる。

レーシングポイントF1チームの2019年F1マシン

レーシングポイントF1チームの2019年F1マシン

なお、2017年より同チームのスポンサーを務めているヨーロッパの大手浄水器総合メーカー「BWT」も引き続きチームにとどまり、マシンの大部分には従来どおり印象的なピンクの彩色が継続される。

イベントにはオトマー・サフナウアー代表と、テクニカル・ディレクターのアンドリュー・グリーン、それに今季レギュラードライバーを務めるセルジオ・ペレスと、チームオーナーの息子でウィリアムズから移籍したランス・ストロールが登壇。Sky Sports F1のコメンテーターを務めるデイビッド・クロフトが司会を務める中、レーシングポイントF1として初めて開発された新シャシー「RP19」をお披露目した。

レーシングポイントF1チームの2019年F1マシン

レーシングポイントF1チームの2019年F1マシン

慢性的な財政難に苦しんでいたチームは昨年、母国カナダの大富豪ローレンス・ストロール率いる投資家グループに買収され、第13戦ベルギーGPより新生レーシングポイントF1チームとして再生。新規参戦という形を取ったためそれまでに獲得した全ポイントを失ったものの、ペレスとエステバン・オコンの活躍と競争力に優れたシャシーを武器に、最終的にランキング7位にまで盛り返す底力を見せた。