レッドブル・レーシングのピットウォール、2022年9月2日F1オランダGP FP1
Courtesy Of Red Bull Content Pool

F1オランダ PU投入状況:ペレス含む3名が交換…フェルスタッペン、週末を前にギアボックス不具合の前兆あり?

  • Published: Updated:

国際自動車連盟(FIA)のF1テクニカル・デリゲートによる発表を元に、2022年F1第15戦オランダGPにおける各ドライバー毎のパワーユニット(PU)投入状況を以下にまとめる。

8件ものパワーユニット交換ペナルティが発生した前戦ベルギーGPとは異なり、週末に先立ってPU交換を行ったのはセルジオ・ペレス(レッドブル)のみだった。レッドブルは11号車RB18に今季2基目となるESを投入した。

ギアボックスに関してはルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季3基目のケース及びカセット、そして同じく3基目の駆動部品・ギアチェンジ・補助部品を新たに開封した。

なおFP1ではチームメイトのマックス・フェルスタッペンがギアボックストラブルによりセッションを棒に振っているが、興味深い事にレッドブルは週末に先立ち、メインシャフトのロックインサート交換を行っている。因果関係は不明。

チーム代表のクリスチャン・ホーナーはギアボックスに問題が生じた事を認めた上で、「4速から5速にシフトする際にドライブを失った。クルマをガレージに戻して原因を探る必要がある。次のセッションに向けて素早く修復できる事を祈っている」と語った。

2日目に向けてはアルピーヌがフェルナンド・アロンソに6基目、エステバン・オコンに5基目のエキゾーストを搭載した。

Driver ICE TC MGU-H MGU-K ES CE EX
セルジオ・ペレス 2
フェルナンド・アロンソ 6
エステバン・オコン 5

V6ハイブリッド・ターボ導入9年目の今年はICE(内燃エンジン)、ターボ、MGU-H、MGU-Kが各々年間3基まで、CE(コントロール・エレクトロニクス)、ES(バッテリー)は各2基まで、そしてエキゾースト・システムは年間8セットまでに使用が制限されている。

F1オランダGP:パワーユニット投入状況

Team Driver ICE TC MGU-H MGU-K ES CE EX
メルセデス G.ラッセルRUS 3 3 3 3 2 2 3
L.ハミルトンHAM 3 3 3 3 2 2 3
レッドブル・RBPT M.フェルスタッペンVER 4 4 4 4 3 3 6
S.ペレスPER 3 3 3 3 2 2 5
フェラーリ C.ルクレールLEC 5 5 5 5 3 4 9
C.サインツSAI 4 4 4 4 2 3 6
マクラーレン・メルセデス D.リカルドRIC 3 3 3 3 2 2 3
L.ノリスNOR 4 4 4 3 3 3 5
アルピーヌ・ルノー F.アロンソALO 5 5 5 4 4 4 6
E.オコンOCN 4 4 4 4 3 3 5
アルファタウリ・RBPT P.ガスリーGAS 4 4 4 4 3 3 5
角田裕毅TSU 5 5 5 5 3 3 6
アストンマーチン・メルセデス L.ストロールSTR 3 3 3 3 2 2 3
S.ベッテルVET 3 3 3 3 2 2 3
ウィリアムズ・メルセデス A.アルボンALB 3 3 3 3 2 2 3
N.ラティフィLAT 3 3 3 3 2 2 3
アルファロメオ・フェラーリ V.ボッタスBOT 5 6 6 4 2 3 5
周冠宇ZHO 4 4 4 3 2 3 5
ハース・フェラーリ K.マグヌッセンMAG 4 4 4 4 2 2 5
M.シューマッハMSC 4 4 4 4 2 3 6

F1オランダGP特集