ラリー時代のロバート・クビサcopyright Jaanus Ree/Red Bull Content Pool

ウィリアムズF1、ロバート・クビサにテストドライバー就任を打診か?正式発表は間もなくとの報道

  • 最終更新:

ロバート・クビサのウィリアムズF1テストドライバー就任の可能性が浮上、正式発表はまもなくとの見方が広がっている。引退したフェリペ・マッサの後任として2018年のウィリアムズシート獲得に動いているクビサだが、多額のロシアマネーを武器にセルゲイ・シロトキンがその座を射止めるものと見られている。

仏紙 L’Equipeが伝えたところによれば、シロトキンのレギュラードライバー発表は間もなくであり、クビサはテスト兼リザーブドライバー職をオファーされているという。仮にクビサがその申し出を受ければ、マシン開発の裏方を担いながら、複数回に渡ってグランプリ初日フリー走行で出走するものとみられる。

レギュラードライバーのランス・ストロールは経験が浅く、また、筆頭候補と見られるシロトキンもF1での経験に乏しい。経験豊富なクビサのリザーブ起用は、ウィリアムズにとって有益かつ合理的なシナリオとなる。

クビサは2011年F1開幕前に開催されたラリー競技中の事故で重傷を負い、F1ワールドチャンピオンの夢とシングルシーターのキャリアに終止符を打つ事になった。だが、昨年ルノーとのプライベートテストで6年ぶりにF1マシンを走らせ、自他ともに驚きの印象的なタイムを刻んだ。

手応えを得たクビサは、16年F1王者にしてカード時代からの友人ニコ・ロズベルグをマネジメントに迎え入れ、ウィリアムズからのF1復帰を目指し交渉に臨んでいる。シーズン後のアブダビテストではストロールを抑え、ウィリアムズ勢最速タイムを記録した。