F1日本GP2016《決勝》表彰台インタビューcopyright formula1-data.com

F1日本GP2016《決勝》表彰台インタビュー

  • 最終更新:

2016年日本GP決勝レース終了後の、表彰台でのTop3インタビューには、ニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトン、ダニエル・リカルドの三人が参加。その時のやり取りを以下に紹介する。

ポディウム・インタビュー

Q:ニコ、おめでとうございます。圧倒的な勝利でしたね。

ニコ・ロズベルグ
「本当に素晴らしい週末だったよ。ずっと良かったよね。勝つことができて本当にうれしいよ、この伝説的なサーキットでね。とんでもなく特別なことだよ。3度めのコンストラクターズを獲得したチームのすべての人におめでとうと言いたい。彼らはこれにふさわしいし、信じられないくらいの偉業だよ。がっつりお祝いしなきゃね。ファンのみんなにも心から御礼を言いたい。今週末は本当に特別なものだし、グランドスタンドからの素晴らしいショーを見せてくれた。驚くべきことだよ。”アリガトウ”」

Q:話を変えるけど、今日ここにダニエル・リカルドがいないことはどれくらい重要ですか?靴からシャンパンを飲むシューイをやらなくて済むよね?

ニコ・ロズベルグ
「今年はもうやりたくないよ。これ以上彼の靴でシャンパンを飲みたくない!」

Q:そうですよね、それではドイツ人からオランダ人、マックス・フェルスタッペンに話を聞きましょう。おめでとうございます今日のマン・オブ・ザ・レースに輝きました。ルイスから猛攻を受けていましたね?

マックス・フェルスタッペン
「そうだね、トラフィックが多かったからね。でも最終スティントではタイヤをちゃんといたわって走ったよ。素晴らしい戦略があったんだ。メルセデスに対抗できたんだよ、これってポジティブなことだよね。チームには感謝してる。」

Q:ルイスからの猛攻はどうでしたか?

マックス・フェルスタッペン
「マレーシアの時ほどじゃなかったよ。気温に助けられたよね。もちろんルイスは猛烈にアタックを仕掛けてきたし、僕らにはシケインで優位性があったんだ。2位にとどまれてとても喜んでるよ。」

Q:それではルイス、今日は簡単ではなかったですね。そうスタート、何が起こったのでしょう?路面の影響ですか?

ルイス・ハミルトン
「そうだね、まずはチームのみんなにおめでとうを言いたい。一員であることを本当に誇りに思うよ。今日チームのためにポイント獲得できてうれしい。裏方のメンバーにも、メルセデスすべての人達もおめでとう。すべてのサポートなしにこれは成し遂げられなかったよ。今日の決勝では僕はベストを尽くしたし、ポイント獲得できて嬉しいよ」

Q:ルイス、今チャンピオンシップをニコがリードしていますが、次のレースでは強いルイス・ハミルトンを見ることができますか?

ルイス・ハミルトン
「もちろんだよ。持てる全てを出し尽くしてレースするつもりだし、何が起こるかわからないからね」

Q:ありがとうございます。ではニコに戻って、今日飛行機で母国に帰るそうですが、機内ではカラオケなんかして騒ぐ予定ですか?

ニコ・ロズベルグ
「たぶん少しはね、でもやりすぎないよ。シーズンはまだ長いし、多くのレースが残ってる。エネルギーを蓄えておかないと」

F1日本GP特集