ピットアウトしてコースに向かうスクーデリア・フェラーリSF71Hセバスチャン・ベッテル、F1日本グランプリ 2018年10月6日copyright Ferrari S.p.A.

セバスチャン・ベッテル、手負いのマシンでF1日本GPのファステストラップを獲得。最終周に意地のドライブ

  • 最終更新:

2018年F1第17戦日本GPで「DHL Fastet Lap Awards」を獲得したのは、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルとなった。10月7日に快晴に恵まれた鈴鹿サーキットで行われた日本グランプリ決勝でベッテルは、最終53周目に1分32秒318を記録。最速ドライバーの称号を手にした。

2位はポール・トゥ・ウインを果たしたメルセデスのルイス・ハミルトン。3位には同じくメルセデスのバルテリ・ボッタスが続いた。

ベッテルのファステストラップはイギリスGPに続き今季2度目。レース序盤にはマックス・フェルスタッペン(Red Bull)と接触。右側サイドポッド周りを大きく破損したものの、手負いのマシンで全20台最速のラップタイムを刻んだ。ただし事故が大きく響き、レースでは6位フィニッシュするのが精一杯であった。

Pos Driver Team Time
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:32.318
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:32.785
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:33.110

悔しい11位フィニッシュに終わったトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、ソフトタイヤに履き替えた直後の35周目に自己ベストの1分34秒133を記録し10番手タイム。その後はブリスターに苦しみペースを落とした。

DHLファステスト・ラップ賞は、年間を通して最も多くのファステスト・ラップを叩き出したドライバーに送られる賞。今季の最速賞はバルテリ・ボッタスが5勝をリード。4勝のダニエル・リカルドが2番手につけ、ベッテル、ハミルトン、マックス・フェルスタッペンが各々2勝で続いている。

F1日本GP特集