バルセロナテスト2日目を走るトロロッソ・ホンダSTR13copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1バルセロナ合同テスト《2日目》結果:ボッタス最速、ガスリー走行僅か39周…ミディアムタイヤで9番手

  • 最終更新:

現地5月16日水曜、2018年インシーズン・バルセロナ合同テスト2日目のセッションが行われ、メルセデスAMGのバルテリ・ボッタスが午前中に記録した1分16秒904を守り切り総合トップに立った。自身のスペインGP予選タイムにはコンマ7秒届かなかったが、記録した際に履いていたのはスーパーソフトタイヤであった。

2番手はフェラーリのテストを担当したアントニオ・ジョビナッツィ。ハイパーソフトタイヤながらも、ボッタスに100分の7秒差に迫った。初日はザウバーC37、2日目はフェラーリSF71Hと慌ただしいスケジュールを過ごした。3番手はマクラーレンのランド・ノリス。F2選手権リーダーがソフトムタイヤで速さを示した。

水曜のカタロニア・サーキットは気温14℃、路面温度15℃のドライコンディション。晴れ渡る青空に恵まれ、残された時間を最大限に活用すべく、全13台のF1マシンが各々精力的に走り込んだ。

トロロッソ・ホンダはショーン・ゲラエルが午前のセッションを継続担当。昨日の走行不足の埋め合わせとしては申し分ない83周を走破、ソフトタイヤで12番手タイムを残した。午後はピエール・ガスリーがコースイン。セッション終了直前にミディアムタイヤで9番手タイムをマークしたものの周回数は総合ワーストの39周。チームとしては二人合わせて122周を計上した。

フォース・インディアのテスト担当としてはお馴染みのニキータ・マゼピンはハイパーソフトで5番手を記録。初のF1マシンを堪能したルノーのジャック・エイトケンは6番手。周りがハイパーソフトでタイムを出す中、ミディアムタイヤで18秒942を記録し120周を走り込んだ。

エイトケン同様、今回初めてF1を走ったレッドブルのジェイク・デニスはミディアムタイヤで11番手。普段はシミュレーター作業でチームに協力、今日は実車で貴重なデータを集めた。

注目株のザウバー、シャルル・ルクレールはハイパーソフトで7番手タイム。これに続いたのはウィリアムズのロバート・クビサ。絶不調のFW41のステアリングを握りハイパーソフトで19秒253を記録、123周を走りきった。

バルセロナテスト2日間の日程はすべて終了。チームは今回のテスト結果を踏まえ、5月24日(木)から始まる第6戦モナコGPに向けて準備を進める。

F1バルセロナ合同テスト2日目 順位結果

Pos. Driver Team Time Lap Tyre
1 バルテリ・ボッタス メルセデス 1分16秒904 139 Super Soft
2 アントニオ・ジョビナッツィ フェラーリ 1分16秒972 148 Hyper Soft
3 ランド・ノリス マクラーレン 1分18秒039 80 Soft
4 ケビン・マグヌッセン ハース 1分18秒274 75 Hyper Soft
5 ニキータ・マゼピン フォース・インディア 1分18秒344 112 Hyper Soft
6 ジャック・エイトケン ルノー 1分18秒942 120 Medium
7 シャルル・ルクレール ザウバー 1分18秒993 139 Hyper Soft
8 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1分19秒253 123 Hyper Soft
9 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1分19秒410 39 Medium
10 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1分19秒914 96 19年型
11 ジャック・デニース レッドブル 1分20秒440 75 Medium
12 ショーン・ゲラエル トロロッソ・ホンダ 1分20秒763 83 Soft
13 ニコラス・ラティフィ フォース・インディア 1分21秒412 121 19年型