2018年インディカー・シリーズ第3戦ロングビーチを走る佐藤琢磨copyright Honda

2018年 第102回インディ500エントリーリスト、佐藤琢磨を含む優勝経験者6名+ルーキー4名の全35名

  • 最終更新:

米インディカーは4日、第102回インディアナポリス500のエントリーリストを発表した。リストに名を連ねたのはルーキー4名を含む35名のトップドライバー。フルグリッドは33台であるため、予選落ちを決する「バンプアウト」が行われる可能性がある。

世界三大レースの1つに称される2018年のインディ500は、5月15日(火)よりプラクティス走行がスタート。19日(土)、20日(日)の2日間に予選ウィークエンドを迎え、5月27日(日)に決勝が行われる。舞台となるのは1周2.5マイル(4.023km)のインディアナポリス・モーター・スピードウェイ。時速360km/hで200周を戦う。

昨年のインディ500ウィナーである佐藤琢磨に加えて全6名のインディ500優勝経験者がリストイン。スコット・ディクソン(2008年)、トニー・カナーン(2013年)、ライアン・ハンターレイ(2014年)、アレキサンダー・ロッシ(2016年)そして、4度目のインディ500制覇に挑むエリオ・カストロネベス(2001、2002、2009年)が参戦する。

インディ500で2度の優勝を果たしたエマーソン・フィッティパルディの孫であるピエトロは、5月4日(金)のWECスパ6時間の予選で両足を骨折。欠場を強いられる可能性がある。69年のウィナーであるマリオ・アンドレッティの孫マルコとの3世対決に期待が集まっていたが、実現の見通しは薄い。

過去7度の参戦経験を持つダニカ・パトリックは、エド・カーペンター・レーシングからグリッドに並ぶ。インディ500デビュー戦となった2005年、女性ドライバーとして史上最上位となる4位フィニッシュを果たしたダニカは、今年のインディ500を最後に現役を引退する。

2018年インディ500エントリーリスト

No Driver Team
1 ジョセフ・ニューガーデン Team Penske
3 エリオ・カストロネベス Team Penske
4 マテウス・レイスト A.J. Foyt
5 ジェームス・ヒンチクリフ Schmidt Peterson
6 ロバート・ウィッケンズ Schmidt Peterson
7 ジェイ・ハワード SPM / AFS Racing
9 スコット・ディクソン Chip Ganassi
10 エド・ジョーンズ Chip Ganassi
12 ウィル・パワー Team Penske
13 ダニカ・パトリック Ed Carpenter
14 トニー・カナーン A.J. Foyt
15 グラハム・レイホール Rahal
17 コナー・デイリー Dale Coyne
18 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne
19 ピエトロ・フィッティパルディ Dale Coyne
20 エド・カーペンター Ed Carpenter
21 スペンサー・ピゴット Ed Carpenter
22 シモン・パジェノー Team Penske
23 チャーリー・キンボール Carlin
24 セージ・カラム Dreyer & Rainbold
25 ステファン・ウィルソン Andretti Autosport
26 ザック・ビーチ Andretti Autosport
27 アレキサンダー・ロッシ Andretti Autosport
28 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport
29 カルロス・ムニョス Andretti Autosport
30 佐藤琢磨 Rahal
32 カイル・カイザー Juncos
33 ジェームス・デイビソン A.J. Foyt
59 マックス・チルトン Carlin
60 ジャン・ハーベイ Meyer Shank
63 ピッパ・マン Dale Coyne
64 オリオール・セルビア Rahal
66 JR.ヒルデブランド Dreyer & Rainbold
88 ギャリー・チャペス Harding
98 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport

第102回インディ500を放送するのはCS放送のGAORA Sports。予選セッションの生放送は行われないものの、決勝開催日の27日(日)17:30から22:00まで録画が放送され、その後24時から決勝が生放送される。視聴には、スカパーひかりTVとの契約が必要となる。