レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2019年バーレーンテスト初日copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1バーレーンテスト《初日》午前速報:シューマッハがデビュー!ホンダ勢 暫定上位を占拠

  • 最終更新:

2019年シーズン最初のインシーズンテストが、4月2日にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開幕した。フェラーリからは7度のF1ワールドチャンピオン、ミハエルの息子ミックがF1テストデビュー。午前の4時間が経過した時点で29周を走行し、暫定6番手タイムを刻んだ。

バーレーンテスト初日最終結果

暫定トップタイムを記録したのは、ハースのロマン・グロージャン。1分30秒982をマークした。これに続いているのはホンダエンジン勢。先日のバーレーンGPで見事初ポイントを獲得したトロロッソのアレックス・アルボンが2番手。全12台中最多となる47周を刻んだ。3番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが続いている。

火曜の現地サヒールは絶好のテスト日和とは言い難く、セッションは気温24度、路面温度28度のドライコンディションで開始されるも、現地11時30分頃と午前のセッション終了30分前に短い降雨。雨の度に全車ピットガレージに戻る事を強いられた。

ピレリのタイヤ開発テストを担当しているフェルナンド・アロンソは、マクラーレンMCL34を初ドライブ。10番手タイムをマークした。同じくプロトタイプタイヤを履いたトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは28周を走り11番手となっている。

第一回プレシーズンテスト《初日》午前結果速報

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 ロマン・グロージャン ハース 1:30.982 41
2 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:31.089 47
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:31.414 34
4 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:32.067 20
5 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:32.232 41
6 ミック・シューマッハ フェラーリ 1:32.552 29
7 ランス・ストロール レーシングポイント 1:32.870 19
8 ダニエル・リカルド ルノー 1:33.006 27
9 カルロス・サインツ マクラーレン 1:33.046 22
10 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1:33.289 開発 45
11 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:33.653 開発 28
12 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1:33.682 25
ロバート・クビサ ウィリアムズ
ランド・ノリス マクラーレン