2020年F1ハンガリーGPでの逆転2位表彰台を喜ぶレッドブル・ホンダcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

出走断念を覚悟しながらも表彰台上がったフェルスタッペン「2位は勝利に等しい!」ハンガリーGP

  • Published: Updated:

2020年7月19日にハンガロリンクで開催されたF1第3戦ハンガリーGP。レースを完全に支配して通算91勝目を挙げたメルセデスのルイス・ハミルトン、開始前のレコノサンスラップでクラッシュを喫しマシンを壊しながらも、チームの驚異的な仕事ぶりによって7番グリッドからスタートし、見事2位表彰台を獲得したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、そしてスタート時の蹴り出しで遅れ、巻き返しのレースで3位に終わったメルセデスのバルテリ・ボッタスがグリッドインタビューに応えた。

F1ハンガリーGPグリッドインタビュー

ルイス・ハミルトン優勝

ハンガロリンクは一番のお気に入りのコースのひとつなんだ。今日は単独走行でのレースだったけど、それもまた一つのチャレンジだった。

開幕戦では準備が整っていなかった部分があったかもしれないけど、その後は集中力を取り戻して、この2戦では最高のレースを戦う事が出来た。今週末はずっと調子が良かったし、これを次戦以降でも続けていけるように頑張らなきゃね。

マックス・フェルスタッペン2位

レース前は思い通りにいかず、バリアに突っ込んでしまった。グリップが大きく不足していたんだ。でもメカニックの皆が驚くべき仕事をしてくれた。何という言葉で讃えて良いのか分からない。本当に信じられないような素晴らしい仕事だった。マシンはいつものように全てが機能してくれた。

2位という結果で彼らにお返しができて、本当に満足だ。

レース中は自分たちの仕事に集中し、やるべき事をやり続けていた。もちろん、メルセデスに割って入れたのは僕らにとって嬉しい事だ。

スタートできないかもって覚悟していただけに、2位になれたことは僕にとって勝利に等しいよ!

バルデリ・ボッタス3位

正直なところ、僕にとってはかなり悪いレースだった。2位からのスタートだったから当然優勝を狙っていたんだけど、スタートでリズムを崩してしまった。何が原因かは分からない。

開始早々にあまりにも多く順位を落としてしまったから、その後のレースは本当に難しいものになってしまった。

F1ハンガリーGP特集